働くママのウェブマガジン

Column ALOHA MAMA

Dayz with 3 KEIKIハワイの小学校、100日目のアロハなお祝い!

2016.03.08

Vol.5 新学期スタートから100日目。よくがんばったね!パーティー

アロハ!
ハワイでセイタ11歳、マナ6歳、アイ4歳、3人のうるさくてかわいいちびモンスターたちの育児奮闘中、長澤あつこです。

01

もう3月!?早い〜・・・
もうすぐ春休みですね。日本の春休みは、年の変わり目。学校でも一学年が終わり、4月から新しい学年でのスタートを切る季節。お子さんが卒園や卒業を迎えるという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ここ常夏のハワイももうすぐ春休みです。大体2週間くらい。結構長い・・です。

アメリカの学校と言えば、新学期は9月からスタートし、5月末に終了。6月から3ヶ月という長い長い夏休みが始まる・・・というのがごく一般的に知られていることだと思いますが、ハワイの新学期は8月スタート。夏休みは6月から2ヶ月間です。アメリカ本土よりも休みが短いの??と思われるかもしれませんが、いえいえ、そんなことはありません。

なんでも昔はハワイも9月スタートの5月末終了、3ヶ月の夏休みを経てまた新学期、というアメリカ本土と同じ制度をとっていたそうですが、宿題もない長い長い夏休みは子供の学力低下につながる、という親の意見が多かったとかで、夏休みを減らして、その分春休みや秋休みを取り入れるようになったのだとか。

アメリカ全土の中でも学力のレベルは決して高くないハワイ、学力維持アップに対する関心も結構あるんですねー。ちょっと意外、でした(笑)。

“100”という数字を遊びながら学ぶ

ということで、8月に始まった新学期。
初登校日から数えて100日目を迎える日に、マナが通う公立学校の低学年のクラスでは100日目のお祝い「100 Days Celebration」が行われました。

03

基本的には“100日間よくがんばったね!”というパーティーなんですが、そのパーティーの中で“100”という数字を遊びながら学ぶこと、それが「100 Days Celebration」の一番の目的です。

たとえば・・

02

新学期初日から毎日先生と子供たちとで、今日が何日目かを数えてきたボード。

左下の赤いシートで、100の位、10の位、1の位と袋が分かれているのがわかりますか?
毎日そこにストローを入れて数えていきます。
毎日1の位にストローが1本ずつ増えて・・・10本になったら、ひとつ繰り上がり、10の位にストロー1本。そしてまた1の位に1本ずつ増えて、10本になったら、また10の位の袋に1本追加・・・
そしていよいよ100日目の朝。10の位の袋に10本ストローがたまり、それが100の位の1本になる!というわけです。
毎朝授業が始まる前に、先生と数えて来た日数。100の位にストロー1本を入れるとき、子供たちは大興奮!です。
これってなかなか楽しい仕掛けだと思いませんか?

04

ちなみに、学校のカレンダーにはほら、バレンタインデーもちゃーんと入ってます。かわいい♪

05

100の数字の遊びは他にもあります。

06

100という字に色を塗ってカンムリにしたり。

07

カラフルでいろんな形をした小さなシールを100個選び、紙に好きなように貼ったり。

この日、私も末っ子のアイを連れてお手伝いに行ったのですが、アイもちゃっかり参加してやらせてもらいました。笑

08

このウェルカムなゆるい感じが、なんともハワイらしくて、小さな子供を持つ親にとっては本当にありがたい♪

夢のような「おともだちバケツ」

そしてこの日のメインイベントが“BUCKET OF FRIENDSHIP”。訳すと「おともだちバケツ」という感じ、かな?

これがまたハワイっぽいというか、アメリカっぽいというか。子供にとっちゃ最高に楽しいイベント!なんです。

100日を迎えたこの日の宿題。それは、自分の好きなお菓子を100個数えて持って行くこと。我が家でもマナの前に10個のコップを置いて、ひとつのコップに10個入れると、全部で100個になるんだよ、ということを話しながらおせんべいを100個持って行かせました。

各家庭がそうして100個のお菓子を持ってくるので、おせんべい(こちらではなぜかカキモチって言います)やシリアル、マシュマロ、ポップコーン、m&m’s・・・思い思いの小さなスナックが集まってきます。

たーくさんの種類のお菓子を持ち寄ってやることは・・・みんなの前で一言「100日目を迎えて感じることと、これからの抱負」を発表したあとに、自分が持って来たスナックをひとつの大きなボウルにザーッと流し入れること。

09

100日一緒に過ごしたクラスメイトがそれぞれの思いをのせた100個ずつのスナックはひとつのボウルの中でグルグルとミックスされます。
そうです、せんべいもシリアルもマシュマロもチョコレートも、ぜーんぶがグルグルにミックスされるんです。これが「101日目からも仲良くしようね」というおまじない。「Bucket of the Friendship=お友達バケツ」。なかなかいいアイデアですよね。

10

そして全員分のスナックがグルグルとミックスされたら、それをクラスのみんなでおいしくいただきます。はい、しつこいようですが、せんべいもシリアルもマシュマロもチョコレートもぜーんぶまぜまぜして一緒に食べます。

11

見た目はもちろん、味もきっとちょっと「!?」な感じであることは間違いありませんが、子供たちにとってはそんなこと関係なーい!だーい好きなお菓子たちがいーっぱい、ぜーんぶミックスされて一気に食べられるんですから、そりゃぁ大喜び&大興奮!
そして食べるのは教室の外の芝生の上。お行儀のことも何も言われませんよ。笑

なんともアロハな時間なのでした〜。

ということで、次回は「スピリット・ウィーク」という、これまた学校のおもしろイベントをご紹介します♪

お楽しみに〜。

Mahalo♪

長澤 あつこ(ながさわ・あつこ)

アロハ・ブランディング プロデューサー、ライター。ハワイ在住5年。セイタ♂・マナ♀・アイ♀3人の育児奮闘中。2013年「+1(plus one)のアロハを世界中のママへ」をコンセプトにMama’s Hawaiiを立ち上げ、ハワイのママの等身大の日常を日々配信中。趣味は波乗りと、家事をすべて放棄して子供たちとビーチに夕陽を見に行くこと。

https://www.facebook.com/mamashawaii/