働くママのウェブマガジン

Column オ イッチ ニー

0・1・2 歳向け知っておきたい。貯金できる夫婦が意識していること

2017.01.13

2人で力を合わせて、まずは、手取り1割貯金!

今年こそ貯金を!と考えるなら、まずやってみたいのが「手取り1割貯金」。

012歳は保育料が高いにもかかわらず、時短勤務のために収入は少なく、余裕がない時期かもしれませんが、それでも夫婦の収入を合わせて工夫すれば、手取り1割貯金は可能です。

今の手取り額で100万円貯めるにはどのくらいかかるかは前回のシミュレーションを参考に。

今回は、貯金を始めるにあたって意識したいことを、ファイナンシャルプランナーの加藤梨里さんにうかがいました。

1・親としての金銭感覚を持つ

012歳は保育料が高く、収入は下がっている場合が多い。夫婦2人のときの感覚で支出を続けると当然きつくなる。

「家計簿を数カ月間つけると、月にどのくらい使っているか、内訳はどうなっているかわかります。下記の目安と比べて差額が大きいなら、やはり調整が必要です」。

仮に生活費が30万円なら食費の目安は6万3000円(外食含む)。育児に手がかかる時期は外食や惣菜に頼ることが増えるけれど、使っていい金額がわかっていると抑えもきくはず。

【012世帯の生活費(家計口座)内訳の目安】*先生のお話をもとに編集部で作成

手取り1割貯金をしたうえでの残りを以下のように分配するのが理想的

住居費 28%
食費 21%
保育料 7%
水道光熱費 6%
通信費 5%
保育料・教育費 15%
交際費 4%
レジャー費 5%
被服費 3%
生活雑貨 6%

2・家計の口座はひとつにまとめる

共働き家庭の場合、夫婦別々の口座でお金の管理をしている家も多いようだけれど、それでは使途不明金が増える原因に。

「まずは、夫婦で使う家計用の通帳を一冊作りましょう。お互いの収入に応じて入金ルールを決め、食費や光熱費など暮らしに必要なお金はすべてここから引き出します。同時に貯蓄用の口座も作り、手取りの1割はこちらに貯金。家計を“見える化”すると夫婦でお金の話をしやすくなり、『今月も貯まったね』と2人で喜び合う幸せも実感できます」

3・ストレスフリーの大型節約を考える

「節約はストレスフリーでできることからはじめるようにしましょう。たとえば、住宅ローンの借り換えや生命保険の見直しなど、一度契約を変えるだけで月々の支出がカットできるものを探してみて」。

スマホは2年縛りが終わると急に高くなるので、その機会に格安スマホに乗り換えるのも手。電気会社の変更や、今年4月には都市ガスも自由化になるのでお得な会社を選ぶのもいい。

いずれも使い方は変わらないのでママの負担はなく、毎日、頑張って細かい節約をするよりもリターン大。

[ 教えてくれた人]加藤梨里さん
保険会社、信託銀行などを経てファイナンシャルプランナー(CFP ® )に。慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科特任助教。著書に『ガッツリ貯まる貯金レシピ』(主婦と生活社)ほか。3歳女子のママ。

記事の前半はこちらから

イラスト〇ますこえり 編集・文〇石毛幸子
(Hanakoママ47号より)