働くママのウェブマガジン

Column イラストエッセイ

山本祐布子の「子どものいる風景」自動運転の車に乗って、未来へ出発!

2016.08.16

Vol.9 未来の子どもたち

yuko_yamamoto_201608

夏休みに入りました。幼稚園に通う長女も一日一緒に過ごすようになり、大変なこともあるけれど、次女と二人でとことん遊んでくれるから、母としては嬉しい限りです。

私はその間、家事を済ませたり、仕事机に向かったり。

でも、耳に届いてくる二人のやりとりが、なんとも面白くて、いつもくすくすと笑ってしまいます。

設定はたいてい、親子。長女がお父さんで、次女が娘。

次女が「お父さん、もうお仕事にでかけるの?」なんて声をかけて、

「ああ、お父さん夕方には戻ってくるからな」なんて、太い声色で話しかけます。

「あ~忙しい忙しい!」と、小さなオモチャかばんをぶら下げてせわしなく歩き回っています。次女は次女で、かごをぶら下げて、お買い物に行くようなまねをして、二人とも家中うろうろ。

私には面白い風景にしか見えませんが、本人たちは、真剣です。

ときには、お医者さんと患者さん。

どこが痛いの、ここが痛いのと、ベッドで長女が次女に手術をしたりしています(笑)。

自動運転の車で、会社に出発!

ある日。二人が椅子を一列に並べて真剣な面持ちで座ったまま動く気配がありません。

「何してるの?」と聞くと、

「これ、自動運転の車だから!」ですって!

どこで覚えたか、なんとまあ未来的。

「さ、車で会社までいくぞ!」

二人でさっと飛び乗ります。

縦一列になって、じっと椅子に座っている姿は不思議以外のなにものでもなく。

……あなたたちにとって、どんな未来が待ってるのかなあ。

平和で素敵な未来を、母としては、プレゼントしてあげたい。

二人を見て、今日も思うのでした。

mm-profile-yamamoto

山本 祐布子(やまもと・ゆうこ)

イラストレーター。切り絵作品、ドローイング作品を中心に、雑誌、装丁はもちろん広告・エディトリアル・プロダクトと、ジャンルを超えた活動を行う。ブログやインスタグラムでは、2人の娘たちの姿や、日々の小さな出来事等を綴っている。夫の蒸留家修行を見守るため、2015年にドイツ滞在。現在は千葉在住。

yukoyamamoto.jp instagram.com/funnnyup