働くママのウェブマガジン

Column キレイなママでいるために

働くママのLOVE & BEAUTY産後の胸とお尻。放っておくと、下垂が加速するって知ってた?

2016.05.16

vol.10 カップ付きキャミのラクさに甘えている人必見! 産後ママにオススメ下着

love_beauty_201605

独身の頃や出産前は、可愛い下着を上下お揃いでつけて、見えないお洒落も楽しんでいたのに、産後は全く気を遣わなくなった・・・というママは多いのでは?
実際私も、授乳中からのクセで、カップ付きキャミソールで過ごすことがほとんど。ブラジャーはあるのに、ついついラクな方を選んでいました。

そんなとき、雑誌「anan」のとある取材で、ワコールの方にお話を聞いたところ、バストは20 代からすでに下垂が始まっていて、産後やさらなる加齢により、衰えていく一方という衝撃の事実が!

そして、それは胸だけじゃなく、ヒップも同様。座り仕事や立ち仕事、足を組むクセなど、日々の生活習慣ほか。加齢&歩くときの「揺れ」によって、お尻もどんどん下垂。とくに、30代半ばくらいからお尻の老化が顕著にあらわれていくのだそう。

ということは、私はドンピシャ、垂れ世代に当てはまっています。

胸はまだしも、わざわざ裸の後ろ姿を見る機会なんてなく、お尻がどうなっているかなんて未知だったのですが、今回のお話を聞いて勇気を出して見てみました。
すると、びっくり!
あれ、これが私のお尻ですか?というくらい、下垂していました。
ショック・・・(涙)

悲しいことに、下がってしまった胸やお尻を元に戻すのはほぼ不可能だそう。だから、ブラジャーやガードルでしっかり支えて、今後の下垂を防ぐことが重要になってくるのです。

「子供が小さいから、下着になんてかまっていられない!」って気持ちはよ~く分かります。私もそうです。でも、子供の手が離れて、自由にお洒落を楽しめるようになったときに、たるんだ胸やお尻のせいで、シャツやパンツが着こなせなかったら。

それは、それでとっても悲しい。

じつは、今回の取材をきっかけに、再度、デパートの下着売り場でバストとヒップのサイズを測ってもらい、適したブラジャーとガードルをつけるようにしました。そうしたら、なんとつけている方が体が動きやすくて、ラクなことが判明。ガードルに限っては、締めつけられるイメージがあったけれど、最近のものはほとんど締めつけ感がなく、薄手でスキニーパンツでも響きにくいものが多数。お尻の形もキレイに見せてくれるし、冷えも予防してくれるし、なんでもっと早く使っていなかったんだろう、と後悔したくらい。

とはいえ、下着といってもたくさんありすぎて、どれを選べばいいのか分かりませんよね。

そこで、今回、ワコールさんにお願して、ママにイチオシの下着をご紹介してもらいました。たるみを補正しながら、美しく見せてくれて、さらにつけ心地の快適なものを厳選。ぜひご参考にしてください。

どれも使いやすそうで魅力的。私も全部、買いそろえる予定です。下着のお洒落って、なんだかワクワクします!

yasuda10-1
(上から)“寄せ上げシート”でバストアップ、気になるワキ肉は、寄せ上げてバストのボリュームに変えてくれるブラ。約束のブラ KO ¥5,600〜、カップ前から、ワキ、ストラップへとつづくサポートパネルとパッドで、バストを脇からしっかり寄せる。クッキリ、魅惑的な谷間に。パルファージュ グラマティックブラ PI ¥8,600~/すべてワコール
yasuda10-2
(右から)履くだけで、太ももが正面を向いた、まっすぐな足運びへとサポート。内ももの筋肉が使われることで、エクササイズ歩行が可能に! 骨盤サポート機能も。ふとももウォーカー RP ¥5,000、お腹をすっきりフラットにしながら、しっかりヒップアップ。伸張率の高い素材使用で、着脱がラク&つけているのを忘れるほど快適な着心地。SUHADA<ジャストウエスト/ロング> SX ¥5,500/すべてワコール

ワコール公式HP
http://www.wacoal.jp

安田 光絵(やすだ・みつえ)

美容・恋愛ライター。マタニティプランナー。 日本大学芸術学部映画学科卒業。大学在学中に学生ライターを始め、卒業と同時にフリーに。25歳〜27歳まで上海に留学し、中国茶や薬膳、東洋美容を学ぶ。31歳で結婚、32歳で長男、34歳で次男を出産。産後は、雑誌やウェブ、書籍での執筆活動ほか、安産、婚活セミナーの講師を行う。最新の栄養学を生かした、子供のための料理レシピも好評。

美容&恋愛ライター安田光絵のハッピーママライフ