働くママのウェブマガジン

Column 働くママの子育てブログ

育て! クリエイティビティ!子どももママも楽しめる! なりきりお仕事体験!

2017.02.13

vol.19 大好きな「なりきりごっこ」をもっと本格的に!

子どもたちの大好きな遊び、「なりきり〇〇やさんごっこ」は、ほとんど親がお客さんになって、子ども店長が「いらっしゃいませー、なににしますか?」。
一緒になりきって遊ぶのは楽しい。子どもも喜ぶ。でも!私は10分ぐらいが限界です!!

そんな親子にもおすすめ「お仕事体験アクティビティー」といえば、キッザニアとカンドゥー。息子のキキも3歳になった瞬間、すぐに体験に行きました。
そこに一歩足を踏み入れると、子どもたちにとっては、絵本やテレビで見たことのある、そして普段の生活で憧れる、働く大人になりきってお仕事を体験することができます。
どちらにも何度か遊びにいっているのですが、最近は特にカンドゥーがお気にいり。

なぜか、それは子ども的には、やりたいアクティビティーがちゃんとできる!これに尽きます。人気のお仕事でも入場してから予約すればたいていできるので、オープン前から並んで、お目当てのお仕事のために走る!”それが親の仕事!!”なんていうプレッシャーも少ない。
子どもと一緒にブースを周って、ファッションショーのモデル、モノレールの運転士、たこ焼き屋さんに、パイロットなど魅力的なお仕事に就いていきます。

千葉モノレールの運転士さん。この制服がまたテンションが上がります。
キキの一番のお気に入り。カンドゥーのコールドストーンでアイスやさん。
自分で考えたアイスのレシピで作ります。お客さん(親)に「どーぞ!」。すぐ取り返されたけれど。

そして、大事な親的魅力ポイントは、ラク、しかも、自分も楽しい!!
カンドゥーのコンセプトは、お仕事体験を子どもも親も、そしておじいちゃんおばあちゃんも楽しめることなんです。

入場したら、カンドゥー内の真ん中にあるレストランスペースに、自分の指定席がもらえます。
なので大きな荷物やベビーカーはおいておけるし、休憩やご飯を食べたいときにウロウロ席取り!の必要がありません。レストランの席を囲むようにアクティビティーが配置されているので、ある程度自分達でまわれるような年齢の子どもたちなら、席から見守ることもできます。
ちなみにビールも飲めます。ふふふ。

今回の指定席。予約なしで購入可能な“ピザづくりキット”(1000円)自分の席で作ったら焼きに行きます。

そして、もうひとつ、私がカンドゥーを好きなところ!
もし体験の時間に残席があればなんと!大人も体験できるんです。私はペンやさんのコーナーで息子のキキと一緒にオリジナルボールペンを作りました。もちろん、おみやげにもらって帰ることができます。

ついつい明日から会社で使える黒インクを選んでしまった私に対して、子どもたちは自由。
お友達家族も、ママ前のめり!!

ん?読み返してみると、おすすめポイントにラクなことと自分が楽しいってことばっかり書いていました・・・。もちろん、子どもが「できるかな、やってみたいな」と考えてエントリーする姿、スタッフの方の話を真剣に聞いている姿、一生懸命お仕事に取り組む姿、なんといってもなりきれる制服や衣装に着替えたかわいい姿、「楽しかった~!!」と満面の笑顔で駆けてくる姿!全部見られます!!

親子3世代で楽しめる仕事体験テーマパーク
カンドゥー
http://www.kandu.co.jp/
イオンモール幕張新都心 ファミリーモール3階

津田 未典(つだ・みのり)

お菓子メーカーで「ねるねるねるね」などの知育菓子®企画開発を担当。息子は0歳の頃から様々なワークショップに送り込んでいるが、本人は最近もじもじ真っ盛り。

ねるね研究室