働くママのウェブマガジン

Column 働くママの子育てブログ

ママだから撮れる、子ども写真本当の卒園式は3月31日。その日忘れずにやりたいこと

2017.03.14

この連載は……
3・7・11歳の男の子・女の子・男の子3きょうだいの日常を、ママならではの視点で撮り続けている誉士太(よしだ)玲子さんによる、写真コラム。自然な表情の撮り方のポイントや、残しておきたい瞬間についてご紹介します。


またまたご無沙汰になってしましました!
気づけばもう3月。ミモザの木も黄色く色づき、少しずつ春が近づいてきましたね。
今年卒園を迎える年長さんのおとーさんおかーさん。ご卒園おめでとうございます!
卒園式では、成長したこどもの姿に感動と感謝があふれて涙がとまらなかった方も多いのではないでしょうか。

sotsuen

 
でも、卒園式で本当のお別れにいならないのが保育園のおもしろいところですよね。
みんなで泣き笑いした翌日、また元気に登園して「おはよー」って♪
そこからは3月31日まで、日々本当のお別れがあったり。

しみじみしすぎて前置きが長くなりましたが。笑。
今回は、あえて卒園式ではなく、本当に最後の登園日の姿を写真で残しましょう、というお話です。

我が家の3兄弟は、5年前に兄が、昨年娘のんこが、それぞれ6年間の思い出とともに保育園を卒園しました。

兄の時は。3月末日まで登園。この日我が家は少し早起きして、家族全員で歩いて保育園まで向かいました。
私はカメラを持って。
この日は見たままの姿を残したくて。あえて単焦点レンズで出発。

P1140335_R
P1140332_R

最初は前からも撮っていたけど。気づくと、後ろから大きくなったその姿を見守るようにシャッターを押していました。

1_P1140346_R

前を行くおとーさんを追いかける兄。5年前は兄がベビーカーに乗っていつも通っていた道。。。

1_P1140369_R

いつも通り妹と手をつないで。細い道を抜けると、保育園に到着。
この姿を見るのも今日が最後。