働くママのウェブマガジン

Mama子育てママを元気にするコラム&トピックス

時短ラボどこまでOK?どこからNG? 子連れ歓迎レストランがこっそり教える外食のマナー

2016.08.02

みんなで時短を考えよう! 時短Labo from ハナコママクラブ

01

今月のテーマは「子どもとの外食」。リフレッシュにもなる外食だけど、子連れではちょっと大変なときも。家族で楽しい時間を過ごす準備や心がけについて考えてみました。

子連れ歓迎レストランがこっそり教える、こんなマナーは OK! NG!

子連れOKとはいえども、そこにはやはりマナーあり。レストランやホテル、ショッピングセンターなど、子連れファミリーと数多く接してきたプロにこっそり教えてもらいました!

某イタリアンレストラン 広報スタッフ

OK: やはり残さず食べてくれたときは本当に嬉しいです。レセプションにも「おいしかった!」と手を振ってくれる様子はほほえましく、笑顔になれますね。
NG: 走り回るお子さまがいると、スタッフにぶつかることも。他の方へのご迷惑になる以前に、お子さまのケガや火傷につながることもあるのでヒヤヒヤします。

某ホテルレストラン部 マネージャー

OK: お子さんがぐずったとき、サッと席を外してくださると、やはり好印象です。授乳の際は、ケープも便利ですが、授乳室の利用が、より配慮を感じます。
NG: 個室内でオムツ替えをされる方が、まれにいらっしゃいます。感染症など、衛生面の心配もありますので、個室とはいえ必ず所定の場所でお願いしたいです。

某ショッピングセンター・フードコート担当

OK: お子さんが床を汚してしまった時、近くの清掃員に一言伝えてくださると、すぐ掃除対応ができ、次のお客様も気持ちよく使えて、とても助かりますね。
NG: フードコートのテーブルを買い物の拠点にし、家族で入れ代わり立ち代わり……数時間占領する方が。食後の食器を下げずに帰るのも、マナー違反です。

ハナコママクラブメンバーに聞きました! 子どもとの外食はこんなふうに楽しみます!

02
03

食べたいものがはっきりしてきた長男の意見も交えながらメニューを決めています。下の娘はとにかく食いしん坊! テーブルに着いたら待たせずすぐ食べられる状態にするため、場所によっては簡単なフルーツや麩菓子などを持参します。お店で借りられる子ども食器は小さかったり浅かったりすることが多いので、使いやすいものを持っていくとスムーズです。
白倉美希さん(デザイン職・3歳男子&1歳2カ月女子のママ)

まだまだあります、読者の外食テクニック

・ランチのときはたくさん遊ばせてしっかりお腹を空かせてから、混雑前に早めにお店に入ります。(事務職・6歳男子&0歳女子のママ) 
・スプーンやフォークはあっても子ども箸の用意はあまりないので、必ず持参。(IT関連・3歳女子のママ) 
・除菌シートと音の出ないおもちゃは必須!(事務職・1歳男子のママ)
・子どもが飽きないよう、ここぞという時にできる絵描き歌を覚える努力をしています…。(事務職・3歳男子のママ) 
・休日のランチも、ぐずらないよう保育園での食事時に合わせて行動します。(事務職・2歳男子のママ)

いかがでしたか?
時短ラボはハナコママクラブのメンバーのみなさんと作るページです。ぜひハナコママクラブに登録してみなさんのご家庭の様子をぜひお聞かせください~!

イラスト◯ノグチユミコ 編集・文◯藤沢あかり
(Hanakoママ41号より)