働くママのウェブマガジン

Kids最新の子ども情報をピックアップ!

編集部の取材エピソード全部乗せに挑戦! 男の子も夢中になるアイスクリームやさん遊び

2016.08.25

今月の「mama’s CRAFT」、「アイスクリームやさん」は、もう遊んでみましたか?

craft_other_1

我が家でも、5歳の息子と一緒にさっそく遊んでみました。

息子は、電車も戦隊モノも好きだけど、ごっこ遊びも好き。アイスクリームやさんという設定だけで「やるやるやる!」とかなり乗り気でした。そんな我が家のアイスクリームやさん遊びを実況します。

切り抜くところから、遊びはスタート

「道具を使う」というのはオトナになった気がするのか、ハサミ使う、という準備段階からワクワク。でも、いざ全部切ってもらうと、けっこう時間かかります。特にアイスのスクープの部分は丸くて難しかったのか集中力が続かず私と半分こ。

小さい年齢のお子さんでも、コーンやカップなど簡単なパーツなら切れるかもしれません。

craft_other_2

アイスクリームの切り抜き作業。黙々と丸を切っていきます。「紙も動かす」というのはうまくできないようで、カラダが動いていくのがおかしかった。

craft_other_4

アイスクリームを重ねるための「切り込み」部分は、軽く二つ折にすると切りやすい。ということで、チャレンジしていました。ママがカッターで切ってもよいと思います。

craft_other_5

やったー! 全部切り抜けました。ならべると達成感がありますね。

遊び方はいろいろ。うちの場合は全部乗せ

できあがったアイスクリーム、裏返すと全部バニラなんですが、これは色を塗ったり、フルーツを描き加えたり自由に遊べるように作っています。息子は「全部バニラでいい」、ということなので色塗りはなしです。

アイスクリームやさんの人形とお客さんの人形でアイス屋さんごっこ、が基本ですが遊び方は自由。うちは最初は私と交代で「いらっしゃいませ!」とやっていたのですが、途中から、彼の興味を引いたのはいかに上手に高く積み上げて女の子の口に入れること、に変わりました。

craft_other_9

「いらっしゃいませ、何にしますか?」慎重に積み上げていきます。

craft_other_10

口に入れるのが楽しいみたいで、コーンまで全部口の中に入れています。

craft_other_12

いかに高く積み上げるか。がんばって全部乗せました!

craft_other_13

こんなバリエーションも。「モリモリのせ」

おうちにあるほかのお人形たちをお客さんに加えたり、フルーツや料理などアイスクリーム以外の食べものを描いて切って増やしていったり。アイスクリーム屋さんをきっかけにして、ぜひ遊びを広げていってください。

筒状のお客さんのパーツにはコーンとカップを挟める「ホルダー」がついています。アイスやスプーンもそこにさしておけばバラバラにならず、お片付けも簡単です。

宮本 博美(みやもと・ひろみ)

ライター/エディター 子どもが生まれて絵本の面白さにハマり『Hanakoママ』では絵本ページを担当。毎号素敵な作家さんに出会えて心躍る日々。ひとり息子はこの春小学生に。最近の読み聞かせはもっぱら戦隊モノの大百科。これはもはや読み聞かせとは言えないのでは。でも写真のキャプションまでしっかり読みますよ!