働くママのウェブマガジン

Odekake今週末、どこに行く?

おでかけニュース【レポート】益若つばささんもオススメ! ケーキ作りにぴったりなホイップクリーム見つけた

2016.10.27

ハロウィンにクリスマスとこれからの季節、手作りケーキを作る機会も多くなるはず。そんなママにおすすめしたい優れモノのホイップクリームが新発売、と聞いて、「明治北海道十勝純乳脂45」発売記念イベントに行ってきました。

ママタレントの益若つばささんが、料理研究家の浜内千波さんに教わりながら、簡単に作れるハロウィンケーキも紹介してくれました!

子どもにとっての理想は、ケーキ作りが得意なママ!

子どもたちはケーキが大好き。明治が小学1~4年生の子どもたち1000人にアンケート調査をした結果、特別な日にママに作ってほしいもの1位は「ケーキ」で、こんどのクリスマスにママと一緒にやってみたいことの1位も「クリスマスケーキ作り」だったそう。

「子どもと一緒に可愛いケーキを作る。それって、ママの愛情を伝える最高の手段だと思うんです。さらにデコレーションも可愛かったら最高ですよね!」と浜内先生。

8歳の息子さんをお持ちの益若つばささんも、よくお子さんと一緒にケーキを手作りされるのだそう。

「子どもが生まれてからは息子と一緒によく作っています。簡単に作れるカップケーキやパンケーキが定番ですね。仕事が忙しいときこそケーキを作るとストレス発散にもなるし、何より子どもが喜ぶ顔に元気をもらえます」。

浜内先生直伝! クリームたっぷりハロウィンパンプキンケーキ

子どもと一緒に楽しく簡単に作れる、ハロウィンにぴったりのパンケーキを浜内先生が伝授してくれました。

meiji6
クリームたっぷりハロウィンパンプキンケーキ

【材料】
パンケーキ(2枚分)
かぼちゃ(皮付き)50g
塩 適量
薄力粉 100g
ベーキングパウダー 6g
砂糖 大さじ1(9g)
卵(全卵) 1個
牛乳 80g
ホイップクリーム:「明治北海道十勝純乳脂45」1パック(200g)、砂糖 大さじ1(9g)

【作り方】
1. かぼちゃを大ぶりに切り、軽く塩をしてラップをし、レンジに2~3分かけ、やわらかくする。皮をむきフォークでつぶす。皮はデコレーション用の型でくり抜いて使用。
2. ボウルにふるった薄力粉とベーキングパウダー、砂糖を入れ混ぜておく。
3. 別のボウルに卵を割り入れ、牛乳を加えて混ぜる。
4. 2に3と1でつぶしたかぼちゃを加えてよく混ぜる。
5. フライパンを中火で熱してから濡れ布巾の上にさっとのせ、4の生地を1/2流し入れ、1分半焼いたらひっくり返して片面も1分半焼く。スプーンで好きな形にしてもOK。同様に2枚焼く。
6. ホイップクリームを作る。「明治北海道十勝純乳脂45」と砂糖をボウルに入れ、ボウルの底を氷水にあてて八分立てにする。
7. パンケーキの上にホイップクリームを絞り、もう1枚でサンド。上にもクリームを塗り、自由にデコレーションすれば完成!

meiji1
ホイップクリームは氷水で冷やしながら。
meiji2
デコレーションは楽しい瞬間。何ができるのかな?

益若さんがこの日作ったケーキはお化けの形。チョコレートやかぼちゃの皮で可愛くデコレーションしました。

meiji5

「いつもは機械でホイップクリームを作るんですが、ハンドでもわずか2,3分でできちゃうなんてスゴイ。好きなときに好きな分量を使える新鮮スマートパックも衛生的でいいですよね」と益若さん。

「ポイントはこの生クリームの濃さなんです。純乳脂を45%も使った濃縮製法で自然なコクと深みがあるから、砂糖はたった大さじ1でも十分甘いでしょ。お子さんと一緒に手軽に楽しくデコレーションを楽しんでみてね」と浜内先生。

最後に、美味しくできたかを判定するパンプキンマン(小島よしおさん!)も登場。最近ご結婚されたそうで、「すごく美味しい。奥さんにも作ってほしいです!」と大満足のご様子。益若さんに「理想のママ認定証」を授与してくれました。

meiji3
meiji4

益若さんも「高級な生クリームの味!」と大絶賛だった「明治北海道十勝純乳脂45」は10月11日より発売中! 私もスーパーで見つけたらぜひ試してみたくなりました。

取材・文〇加藤朋美