働くママのウェブマガジン

Mama子育てママを元気にするコラム&トピックス

ママはどうして働いてるの?ストレスはない、と言い切るママ。強い意志に隠されたもの

2016.11.05

ハナコママ編集長が働くママにインタビュー。仕事と子育てに対する思いをうかがいます。

協力的な夫とたくさんのママ友。代理店勤務のキラキラママ

こんにちは、ハナコママのキシベです。今回は広告代理店にお勤めのKさんのお話。つねに笑顔を絶やさない、とびきり明るいオーラをまとった女性です。

就活のときに出会った夫と入社1年目で結婚。しばらく2人の生活を楽しんでいましたが、そろそろ子どもをと考え始めてから実際に赤ちゃんができるまで、1年半かかりました。

「働きながらの不妊治療は辛かったです…。あまり思い出したくないほど」。その苦しみを経たせいか、Kさんの夫はひときわ子煩悩なパパに。てきぱきとオムツを替えたりする姿に、「周囲のママにも、パパの動き、すごいね、と驚かれます」

ストレスは…、正直あんまりないです

woman legs in high heel shoes outdoor shot

職場でのケアも手厚い。出産するまではシビアなクライアントをまかされ、夜遅くまで働く毎日だったが、時短勤務のいまは、負荷の少ないクライアントの担当に。

「以前は何かに追われるように、いつもセカセカしてました。いまは、変わったね、明るくなったね、とよく言われます」。なにより変わったのは、Kさん自身の仕事への気持ち。「仕事でいかに手を抜くか。そこを頑張っています(笑)。職場では忙しいことを大げさにアピールしてます」。

ゆくゆくは起業して、託児と復職を応援する場所をつくりたいというKさん。「夫にも、そのときは支援してよね、と話しています。私は育児のためにキャリアを捨てて会社での立場も悪くしてるんだから! とここでも少し大げさに(笑)」

タワーマンションに住み、週末は何かしらイベントを企画してはママ友たちと子連れで集合。週に1~2回は夫が保育園のお迎えに行くので、その日はKさんも残業したり銀座でブラブラしたり。もし金曜日なら、友達とごはんを食べて深夜になることも。

このコラムで「ストレスはないです」と言い切るママに会ったのは初めて。うらやましいの一言に尽きますが、それはすべて、笑顔の陰に隠された、Kさんの強い意志の賜物なのだとも感じました。

ストレスゼロのママ
東京都在住・32歳、1歳男子のママ。誰もが驚く有名国立大学卒。33歳の夫も別の代理店勤務。毎晩の食事は各自でまかなう。「新婚当初、夫の帰りが遅く夕食を用意しても食べてくれないことで3カ月大喧嘩。以降、一切作らなくなりました」。なんだかそれもうらやましい…。

(Hanakoママ44号より)

募集しています!
仕事と子育てについて、ご自身のお話を聞かせてくれる方を募集! hm-model@magazine.co.jpまで、件名に「ママはどうして」と記入、簡単なプロフィールを添えてメールしてください。