働くママのウェブマガジン

Mama子育てママを元気にするコラム&トピックス

インテリア特集 その4真似したい! 子どもがいてもオシャレなスタイリストさんのインテリア

2015.12.25

特集「子ども部屋のつくりかた。」その4

4-1

子どもがいても、インテリアは楽しめます! 3人の子どもと暮らすスタイリストの今田愛さんの、素敵なお部屋を訪問しました。

リビングのおもちゃは、素材をそろえたかご収納で。

4-2

アンティーク家具やカラフルなファブリックなど、古い一軒家でMIXスタイルを楽しんでいる今田さん。もちろん子どもの遊び場はリビングです。つみ木や電車のレール、どんぐり。散らかりがちなおもちゃは、かごに。「ここには1軍だけを置き、成長や遊び方を見ながら入れ替えています」。

絵本の収納は、フレキシブルに使えるお手製収納棚

4-3

産前から使っている、木のボックスに板を渡しただけのDIYのチェストを絵本棚に。キャスターつきなので、自在に動かせます。「普段はファブリックで目隠し。棚の上には、手づくりの人形やぬいぐるみを置いて」。

お気に入りのアンティークチェストも、システマチックに!

4-4

素敵だけれど、使いこなすには難しい古い家具も、無印良品の収納ボックスを使って、すっきり収納。「下段は子どもも自分で出し入れできます」。左の折りたためるハンガーラックにはコートなどのアウターをかけています。

みんながいつも目にする場所に家族のギャラリーを

4-5

階段を上った正面の壁面が、今田家のフォトギャラリー。「ナチュラルな木のフレームはIKEAで。そこに、ピンクと青のフレームをアクセントでプラス。中心を決めて放射状にレイアウトしていくとバランスよく飾れますよ」

成長も楽しめる子どもの絵はカジュアルに額装

4-6

階段横には、子どもが描いた絵をディスプレイ。実はこの額、ガラスも背板もなしのフレームのみ。絵をマスキングテープで縁取り、フレームを重ねています。これなら絵の入れ替えも簡単、気取らず気軽に飾れそう。

今田愛さん/スタイリスト

パトリス・ジュリアン氏、山田喜美子氏に従事し、フリーに。フードからインテリアまで、書籍や雑誌などで活躍するかたわら、手づくりに満ちたあたたかい子育てスタイルにも注目が。7歳&1歳7カ月女子、4歳男子のママ。

写真◯タケダヒロユキ 編集・文◯藤沢あかり
(Hanakoママ33号より)

こちらも読んで!
インテリア特集 その1「増えるおもちゃや、倒れる絵本もスッキリ! 子ども部屋の収納のコツ
インテリア特集 その2「賃貸マンションでもできる。子どもの作品を壁にセンスよく飾る方法
インテリア特集 その3「学習机はまだ早い!? まずは、長く使えるワークテーブルを