働くママのウェブマガジン

Kids最新の子ども情報をピックアップ!

子どもと読む絵本クリスマスプレゼントに絵本を選ぶなら

2016.12.21

こんにちは、ハナコママのmama’s STORY 担当の宮本です。こちらのページでは、自分が読んでみて気になった絵本や、読み聞かせて子どもに好評だった作品をご紹介していきます。

クリスマスに絵本を贈る、というシチュエーション、けっこうあるのではないでしょうか?

わが子に、はもちろんですが、プレゼントにも絵本は喜ばれますね。

ちょうど、子どもたちのクリスマス会を企画しているときに、ほかのママから「プレゼント交換は絵本にしよう!」と言われて、それはいいアイディア!と思いました。ほかのママが何を選んでくれるのか、自分がほかの子に贈るとしたら何を?と考えるのは楽しい。

そして私が選んだのはこれ、『パティシエのモンスター』。

理由は、誰がもらっても絶対に喜ばれる!という自信があるからです。

すきな ものを すきなだけ!

表紙のモンスターはポワンといって白くて大きなパティシエの店長さん。舞台は、モンスターしかいないパリ。そこで、ポワンやプチポワン、マカロン3兄弟…個性豊かなモンスターたちがおかしを作るおはなしです。

モンスターたちがとにかくかわいくて、作られるケーキが本当においしそうで。どのページもカラフルで、すごくワクワクするのです。

おいしいケーキを作るのは、女の子だけじゃなく、男の子も大好き。

こむぎこ、たまご、さとうをたっぷり入れて「かきまぜ ぐるぐる すきな ものを すきなだけ!」と混ぜているシーンは、読んでいて楽しくなります。

そして、ショーケースにずらりと並んだケーキたちのページでは、ケーキ屋さんごっこで遊びたくなる。

プレゼント交換で、誰がこの絵本を受け取ってくれるか、いまから楽しみにしています。


『パティシエのモンスター』
さく・かわむらげんき え・サカモトリョウ
マガジンハウス 1500円

Hanakoママの絵本特集はこちらから