働くママのウェブマガジン

Odekake今週末、どこに行く?

おでかけニュース【レポート】心が落ち着く。子連れOK!のお寺ヨガや仏像彫刻

2017.01.12

新年を迎えて何か始めたい。そう思っている方は多いのではないでしょうか。

つい、子どもの習い事などに関心が行ってしまいますが、ママも、新しいことを始めてみるにはいいタイミング。忙しい日々から心を解放する、非日常の体験をご紹介します。

モダンな外観が美しい、由緒あるお寺の本堂

巣鴨にあるお寺「勝林寺」は、江戸時代初期に開山された、400年の歴史を持つ由緒あるお寺。歴史の教科書に出てきた田沼意次の菩提寺でもあります。

こちらの新しい本堂が完成したということで、お披露目会に参加しました。黒くてシンプルな外観は、「お寺の本堂」のイメージから離れたとてもモダンな印象。こちらのデザイン・建築を担当したのは、円形の屋上で園児が走り回る「ふじようちえん」などで世界的に注目を集めている手塚建築研究所です。

壁がなく、四方は蔀戸(しとみど)という格子戸を配したお堂の中は、思ったよりずっと明るく風通しもよくて、気持ちのいい空間。威圧的な彫刻や飾りなどもなく、とてもシンプルです。

手ぶらで行ける、ヨガや書道

こちらの本堂では「寺子屋」をテーマに、座禅やヨガ、茶道、書道、仏像彫刻を開催しています。どれも大人向けの教室で、託児はありませんが、子連れの参加もOK、ということ。

お寺で書道と聞くと、とても敷居が高そうで、子どもが泣いたらどうしよう、と身構えてしまいそうですが、「どんな方にも参加いただきたい」と住職の窪田充栄さん。お寺を「人が亡くなったときに集う場所」ではなく、「暮らしのなかに常にある場所にしたい」のだそう。ゆくゆくは敷地内に地域の方が集えるようなマルシェも開きたいとお話ししていました。

静かなお堂でヨガ。マットなしでも参加できます。
写経はもちろん、好きな字を書いても。道具がなくても手ぶらで参加できるのだそう。
仏像彫刻。不思議と自分に似た仏さまになるのだとか!?

本堂のなかは、そこにいるだけで、心が落ち着きました。場がいい、ということなのでしょうね。

短時間でも、日常から切り離されることで、リフレッシュできそうです。寺子屋は1回のみの参加もできるのだそう。

今月は、1/15(日) 14:00~17:00が仏像彫刻、1/18(水)・25(水) 13:30~15:30がヨガ、1/29(日)・2/19(日) 13:00~茶道・16:00~座禅を予定。
スケジュールは、勝林寺のFacebookで更新されます。

勝林寺
住所:東京豊島区駒込7-4-14
https://www.mannen-syourinji.com/

(取材・文〇宮本博美)