働くママのウェブマガジン

Mama子育てママを元気にするコラム&トピックス

おしゃれママの「数珠つなぎ」連載「母親になりすぎないこと」が大事。セレクトショップオーナー、牟田絢加さんの子育て

2017.04.03

ブランドプレスやスタイリスト、ディレクターにヘアメイクなど…、キラキラとした世界で働くママたち。いま、instagramなどSNSでも注目を集めています。

そんな働くママのリアルな日常を、写真とともに一挙公開、さらにお友達のステキママを紹介していただく、というリレー形式の連載です。

今回は、スタイリストの長澤実香さんからのご紹介で、久留米のセレクトショップOEUVRE(ウーブル)のオーナー牟田絢加さん。「とても可愛らしいママさんです。ご主人はペルシカというお店をやってらして、久留米の事はこの人に聞け(笑)!というくらい久留米愛がある方です」(長澤さん)。

#15 セレクトショップOEUVREオーナー 牟田絢加さんの1日

「母親だからこうしないと」とか、「こういなくちゃいけない」という縛りをなくして、一緒に笑ったり、歌ったり踊ったり、いろんなことをとことん楽しみたい、と話す牟田さんは4歳の男の子のママ。そんな彼女の子育てのモットーは“母親になりすぎないこと”。どんな子育てをしているのかさっそく覗いてみましょう!

prof2

ある日のスケジュール

7:30 起床
8:00 朝ご飯・準備
9:00 息子を保育園へ
9:30 お店のオープン時間まで買い出しや細々したことを。
12:00 お店オープン
17:30 仕事を終わらせる
18:00 息子のお迎え

19:00 夕ご飯
20:30 お風呂
22:00 絵本3冊読んで息子就寝
23:00 束の間のリラックスタイム(お茶を飲みながらテレビを見たり洗濯物を片付けたり本を読んだり)
0:00 布団の中へ。気付かぬ内に就寝

聞いてみました!<おしゃれママQ&A> 

Q1 子育てと仕事の両立で悩んでいることは? 

夫婦それぞれお店を営んでいるので、繁忙期などは「当たり前」なことができないこともありますが、違う部分で補えればよし!と思うようにしています。とはいえ、大事な仕事がある時に限って熱を出す、子どもあるあるには毎回ハラハラさせられます。

Q2 最近子どもの成長を感じたエピソードを教えて! 

4歳になりいろんなことを理解できるようになって、私が怒ろうとすると冷静に「ママ、さっきのはわざとじゃないよ、〇〇をしようとしてたからこうなったんだよ。ニコニコして!」と教えてくれたり、家事をしていて、ふと「疲れた時にこれ食べてね」と、息子が大事にしていた飴をくれた時には、初めてうれし涙が出ました(笑)。もちろん食べずにポーチに入れて持ち歩いています。

Q3 ヘトヘトなときのリラックス術は?  

気持ちがヘトヘトの時には、ただやりたい事だけをやる一人の時間をつくる。ルーティーンをやめてみる。バスタイムをゆっくりととる。体がヘトヘトの時には、温泉にいく。もうだめだ~!って時には、長年お世話になっているマッサージの先生のところへ駆け込みます。

Q4 子育てで今困っていることは?

うれしいことなのですが…赤ちゃんの頃からママが大好きすぎるところです。なかなか離れてくれなかったり、何かと大変!最近だと、数字に興味が出てきて 足し算や時間をひたすら延々と聞いてくることも地味に悩みのタネ。私は数字に弱い上に急いでいる時や疲れている時にやってくる数字攻めにはなかなかやられます…。

Q5 パパの協力度は何点?家事分担は?

主人はもっと息子と過ごしたいようなのですが、仕事が忙しくなかなかゆっくりと時間を作れません。「息子を独り占めできる時間がほしい!」といつも嘆いています。家事は私もかなり手抜きさせてもらっているので、偉そうには言えませんが、今の時点ではトータル50点ですね(笑)。仕事への理解度が高いことや、疲れているときなどに一人になる時間を作ってくれたりする部分は感謝しています。

Q6 子連れ旅のおすすめはどこ?   

近場ですが、もうすぐ息子と初海外(台湾)へ行くのがとても楽しみです!
出産前まではフランスへ買い付けに行っていたので、息子もなんとなく興味が出てきています。毎日寝かしつけで読んでいる大好きな絵本「バムとケロのおかいもの」に出てくる骨董屋さんのでこぼこの古いフライパンが欲しいらしく、ますます気になっているようです。

Q7 働くママにメッセージを

私は家事も育児も苦手なので、世の中のお母様方には尊敬の念しかありません! 今は生活の中でSNSが当たり前になって、みんなさらりと家事育児をこなし、キラキラした毎日を送っているプレッシャーみたいなものを必要以上に感じやすくなっていると思います。せかせかしていつも怒り顔でいるよりも、お母さんがニコニコ笑顔でいるだけで子どもはハッピーで穏やかになるんだなと最近気付きました。でもなかなかそうはいかない…。ときどき「お母さんネジ」をゆるめて、女性として、個人としての人生も楽しめたらいいのかなと思います。

牟田さんの毎日をスナップでご紹介♪

Processed with VSCO with a8 preset

午前中は商品撮影などをすることも多く、この日は朝から新作スニーカーの撮影へ。靴工場内では必須の帽子を着用し、趣きのある建物とちらりと見える生産の様子にわくわく。

hanakomamaphoto-2_R

何だか気分が落ち込んでいる時は、仕事前に神社へ足を運びます。不思議と肩の荷がおりて、清々しい気持ちで仕事に行けるんです。息子も小さい頃から神社が好きで、一緒に出かけることも。まだうまくしゃべれない頃から、ドライブ中など「じんじゃ!」「とりい!」とよく言っていました。
 

Processed with VSCO with a7 preset

爪が薄くもろい私は、ネイルケアをしていないと梱包や品出し、それに家事も爪がすぐに折れてしまって大変。何より女性としての楽しさや気分を上げてくれるネイルサロンの存在は、どんなに忙しくても欠かせません。

Processed with VSCO with a6 preset

絵を描くのが大好きな息子。毎日ひたすら描いています。寝静まったあとに片づけながらこっそり見るのが密かな楽しみ。これは、はじめて絵の具に挑戦したときのもの。色あいも好きで、なんだかインスピレーションをもらったお気に入りの1枚。

Processed with VSCO with a6 preset

サイズアウトした靴たち。このかわいくて大事な靴たちをどうにかすてきなかたちで残せないものかと、現在 主人と考えています。

Processed with VSCOcam with a6 preset

お祭りなど季節のイベントは、仕事をなるべく早く切り上げて一緒に楽しみます。この時のハロウィーンはミッキーに仮装しました。今年のいろいろも楽しみ!

hanakomamaphoto-7_R

お店を始めてもうすぐ11年。お出かけや旅行が大好きで、普段はお客様の方の立場でいることも多いですが、いろんな場所を訪ねたときの気持ちを忘れずにお店や仕事を続けていられたらと思います。

hanakomamaphoto-8_R

なかなか自然の中でゆっくりと過ごす時間がとれませんが、息子の大きな声もとても小さく感じる広い海。いろんな角度から大きな世界を見れる心が育ってくれますように!

プロフィール_R

牟田絢加さん
セレクトショップOEUVREオーナー

2006年より福岡県久留米市にて、アクセサリーや衣類、生活雑貨などを扱うお店を営む。4年前に息子を出産してからは営業時間や営業日を調整しつつ、より厳選した国内外の商品を紹介しています。姉妹店 PERSICA (http://persica-pantry.com/) では、久留米で作られているスニーカーをメインに販売しています。
ブログ(http://oeuvre4.blogspot.jp/
instagram (https://www.instagram.com/oeuvre4/


次回は、牟田さんからのご紹介で、キッズセレクトショップCHIGOのオーナー紺谷ちぐささんです。お楽しみに!

これまで登場したママたちの記事はこちら

長澤実香さん(スタイリスト)
寒河江麻恵さん(フリーランスPR・温泉コラムニスト)
桜林直子さん(SAC about cookies 代表)
翠川裕美さん(株式会社シロアナ 代表)
西村千恵さん(FARM CANNING 主宰)
浅川あやさん(「日用美」店主 )
momoさん(フラワーコーディネーター momo’s flower project)
イナダミホさん(シンガーソングライター)
鳳山えりさん(モデル兼コルギサロンオーナー)
MARCOさん(フォトグラファー)
西山美希子さん(descendant デザイナー)
YOSHIKOさん(SHIMA ヘアメイク)
吉田ちかげさん(Art Director/Graphic+Web+Space Designer)
原田沙奈子さん(Le abel代表 / Abel ディレクター)

取材・文〇加藤朋美