働くママのウェブマガジン

Mama子育てママを元気にするコラム&トピックス

ママはどうして働いてるの?仕事はあと2年だけ。タイムリミットを作った理由

2017.04.09

ハナコママ編集長が働くママにインタビュー。仕事と子育てに対する思いをうかがいます。

子どもが小学校に入るまで、あと2年だけ、がんばります

mamahadoushite

こんにちは、ハナコママのキシベです。今回は都内の百貨店で働くMさんのお話。2人の部下がいる管理職です。

「結婚して1年、なかなか子どもに恵まれず、子どもがいない人生の可能性もあるなと思い、管理職になる試験を受けました」。

グループディスカッションや、書類を読み込んで分析・発表するなど、マネジメント能力を問われる試験は、200人が受けて合格者は60人ほど! 

そんな難関試験に「何も考えてなかったからかな?」と、するりと合格します。が、その直後に妊娠が発覚。

「このタイミングで! と自分でも驚きましたが、周囲は思いのほかあたたかく、マタハラなどもまったくなく」、半年ほど管理職に就いたあと産休&育休に入り、1年半弱で復職、2年間は部下を持たずに教育係的な仕事をしていたが、昨年4月いよいよ管理職に復帰する。

「子どもがいるからできません、とは言えなかったし、今やめたらこの子のせいにしちゃうな、とも思えて…」

時間の工面に悩む日々。背中を押した上司の一言

売り場がもっともにぎわうのは夕方以降。16時半に退社するMさんは、一番忙しい時間帯に職場にいられない。

役員や店長との打ち合わせも18時以降に設定される。

「定時に帰りづらく、お迎えに間に合わないことも多々。気づけば時間外が月30時間を超えていて…思い余って上司に相談したら″強くなれ〞と励まされました」。

相手が役員でも自分の希望はしっかり伝える、部下の希望には日ごろからできる限り耳を傾ける。そんな地道な努力を重ね、もうすぐ1年。どこか吹っ切れた様子のMさんですが、そこには意外な理由が。

「子どもが小学校に入ったら、仕事を辞めるつもりです。かぎっ子にしたくなくて。将来は近所の百貨店で販売のパートとかできたらいいな」。

あと2年だけがんばります!と笑うMさんは、さっぱりとして頼れる上司タイプ。

辞めるなんて正直もったいない! でも“あと2年”と思えば色々乗り越えられるのかも。Mさん、がんばって!

管理職ママ
東京都在住・38歳。4歳男子のママ。3歳年上の夫とは職場結婚。仕事の状況もお互いよくわかっている。「二人ともお酒が好きで、飲みながらよく話します。“自分のスタイルでいいんじゃない?”の一言が心強い」。仕事辞める計画にも大賛成。「好きにしたらいいよ、って言ってます」

(Hanakoママ49号より)

これまで登場したママたち
ママが家で待っていなくても、子どもはまっすぐ育ってくれるはず
寝かしつけ中に子どもに言われて、ドキッとしたこと
家事を一切しなかった夫が、毎日朝食を作ってくれるようになった理由
3人目の子どもだからこそ感じる、仕事を辞めたくなる理由
夫の実家近くに引っ越したい、と妻から切り出した理由
愛情がサーッと冷めました。シングルママの子育て

この連載の一覧はこちら

募集しています!
仕事と子育てについて、ご自身のお話を聞かせてくれる方を募集! hm-model@magazine.co.jpまで、件名に「ママはどうして」と記入、簡単なプロフィールを添えてメールしてください。