働くママのウェブマガジン

Mama子育てママを元気にするコラム&トピックス

小児科の先生に聞いた、部屋の空気で気をつけたいこと

2017.06.29

空気清浄機は必要? 小児科医がアドバイス!

空気清浄機

赤ちゃんや小さな子どもがいる家庭のママにとって、ダニやハウスダストなどのアレルギーを引き起こす原因となるものは気になるもの。

でも「空気清浄機って必要なの?」と設置を迷っているかもしれません。そもそも、おうちの空気が汚れていることは、子どもたちにどんな悪影響があるのでしょうか?

そこで今回は、小児科の先生に「子どもがいる家庭で空気をきれいにする必要性・メリット」を教えていただきました。空気中に潜む危険なモノや、空気清浄機の選び方についても確認しておきましょう!

子どもがいる家庭で空気をきれいにする必要性は?

今回、お話を伺ったのは、小児科 北浜こどもクリニックの北浜院長先生。おうちでは、空気をきれいにする必要はどのくらいあるのでしょうか?

「昔と違い、機密性の高い現代の住宅ではダニやハウスダストが多くなりやすい環境にあります。ダニやハウスダストは、喘息やアトピーといったアレルギー疾患の大きな原因になりますから、それらを可能な限り減らした環境で育児をするのが理想的です。

加えて、最近問題となってきているPM2.5などの環境因子から子どもを守ることも求められています。

子どもに美味しいもの・栄養あるものを食べさせたいのと一緒で、子どもに綺麗な空気を吸わせてあげることは、医学的にみても重要と考えます」(北浜先生)

空気中に潜む危険なもの

空気の中に潜むといわれる「ダニ・ハウスダスト」や「PM2.5」。最近耳にする機会も増えましたが、どんなものなのか、ここでいったんおさらいです。

ダニ・ハウスダスト
ハウスダストとは、室内のチリやホコリのこと。衣類やシーツなどの綿や毛布のくずや、人の毛、フケ、そしてダニの死骸や糞、カビ、細菌などが含まれます。とくにダニはアレルギーが心配。人の毛、フケ、カビなどは、ダニのエサにもなるそうです。

参照:佐野靖之著「スーパー図解 ぜんそく : 最新治療と健やかな毎日の知識」(法研)

PM2.5
PM2.5は、微小粒子状物質と呼ばれるものです。環境庁のページによれば、PM2.5は「大気中に浮遊している2.5μm(1μmは1mmの千分の1)以下の小さな粒子のこと」で、その大きさは「髪の毛の太さの1/30程度」だといいます。このように非常に小さいため、「肺の奥深くまで入りやすく、呼吸器系への影響に加え、循環器系への影響が心配されている」といいます。

子育てママに! 空気清浄機の活用アイデア

おうちの空気に潜むハウスダストなどを少しでも減らすために役立つのが、空気清浄機。

子育て中のママにとっての空気清浄機活用アイデアを、実際の製品と共にご紹介します。

小さな子どものいる家庭でも安心して使えるものをチョイス!

空気清浄機は、小さい赤ちゃんや、なんでも触りたがる小さい子どものいる家庭ではちょっと不安。そこで安心して置ける工夫のしてあるものをご紹介します。

Dyson Pure Cool Link空気清浄機能付ファン/Dyson(ダイソン)

dyson

たとえば、ダイソンのこの製品は、空気清浄機能が備わっている扇風機。有害となり得る超微小粒子状物質を除去した風が送られてくるそうです。

扇風機といえば、羽根が危なくて小さい子どもの近くには置けないことも。その点、この製品なら独自の技術で羽根のないつくりになっているので、つい動くものを触ってしまう、という小さなお子さんのいる家庭にも安心です。

小学校に上がったら…音にも配慮!

子どもがもう少し大きくなったら、空気清浄機は子ども部屋にも置きたいものです。でも、その運転音で勉強や読書の妨げにならないよう、できるだけ音の静かなものを選びましょう。

空気清浄機の音を比較するには、「dB(デシベル)」の値をチェック。

加湿空気清浄機 F-VXM40/Panasonic

panasonic

たとえば、Panasonicのこの製品には、静音34dB以下の「勉強モード」が搭載されており、子ども部屋で子どもが読書や勉強などに集中するのを妨げることがありません。

空気を綺麗にしながら、子どもの勉強もはかどるというのは理想的。長く使うことを考えて、いまから小学校での生活を視野に入れておくのもいいかもしれませんね。

デザインも機能性も妥協しない!

子育て家庭でも、最近はインテリアデザインを損ねないように、子ども用の家具や家電を慎重に選ぶママも増えています。空気清浄機も、子どもが大きくなっても十分使える、ママのお気に入りデザインのものを選んでおくのもおすすめです。もちろん、機能面も妥協はなし!

AP-C200/cado(カドー)

cado

カドーのこの空気清浄機は、設置する面積の直径が約25cmと、スリムな円筒形ボディ。スタイリッシュかつスリムなデザインだから、インテリアにこだわるママのお気に入りアイテムになりそう。

cado2

また美しい空気を生み出し続けるしくみも、何かと忙しいママにはぴったり。

お部屋の空気を吸い込んでフィルターに菌や汚れが吸着しても、水と二酸化炭素に分解して除去してくれます。そしてフィルターのセルフクリーニング機能により、フィルターの吸着力を自己再生してくれるのだそう。

お部屋の中も、本体も両方洗浄してくれるのはありがたいですね。

子育てには綺麗な空気が必須! まずはその必要性をよく理解して、空気清浄機などを活用して、生活の中に取り入れてみてはいかがでしょうか。

取材・文〇石原 亜香利