働くママのウェブマガジン

Kids最新の子ども情報をピックアップ!

先生おしえて!かぜ? アレルギー? 子どもの鼻水で迷ったときの見分け方

2016.01.28

気になってはいるけれど、実のところよく分かってない……。そんなアレコレについて、専門家の先生にうかがいました! 今回は「小児科」です。

鼻水は出るタイミングと鼻水以外の症状の確認が大切!

sensei_doctor_33

かぜなのか、アレルギーなのか分かりにくい、子どもの鼻水。鼻水の色や質感、量、出るタイミングで、自分でも判断ができるのでしょうか?

「よくお母さんに、鼻水が黄色や緑だとかぜなんですか? と聞かれますが、鼻水の色だけでは判断できません。かぜかどうかは、鼻水だけでなく、熱、咳、目やにが出ているか、のどに痛みがあって腫れているかなど、総合的に診て判断します。アレルギーの場合も、鼻水以外に食べもののアレルギー、じんましんやアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状があるか、アレルギーの家系かどうかが重要な判断材料に。さらに、何に反応して鼻水が出ているかもチェック。お布団の上げ下ろし、掃除をしているとき、春や秋の花粉の時期に出ているか、目のかゆみが出ているかどうかもポイントになります」

かぜやアレルギー以外でも、鼻水が出ることはあるのでしょうか?

「温度差の刺激や湿度によっても、鼻水は出ます。冬場外から暖かい部屋の中に入ったり、温かい物を飲食したりすると出ることも。鼻水には、温度と湿度の調節する機能もあるのです」

まだ、自分で鼻がかめない子どもの鼻水は、どうしてあげるといい?

「寝ているときに苦しそうだったら吸い取ってあげてください。ただし、起きているときに出るたびに吸い取っていると、子どもが泣いてしまって余計に鼻水が出てしまいます。本当に苦しそうなときだけ、こよりで見える範囲の鼻水を吸い取り、固まってしまった鼻水は、お風呂に入ったときに柔らかくなったところを吸ってあげましょう

[ 教えてくれた人 ] 白岡亮平さん
小児科医。夜10時まで365日無休診療の小児科医院、キャップスクリニック総院長。「『fitbit』という健康状態を記録してくれるウェアラブルデバイスで、日々の体調管理をはじめました!」

編集・文〇石塚覚子
(Hanakoママ 33号より)

iStock.com/Twig&Olive Photography LLC