働くママのウェブマガジン

Mama子育てママを元気にするコラム&トピックス

マネー特集 その2毎月の外食費。生活費の何%までが許容範囲?

2016.02.09

特集「共働き家庭のお金のはなし」その2

共働き家庭はお金が貯まりにくいという噂は本当でした。家計を「なんとなく」しか把握していないのが問題のよう。では、上手に家計を管理するにはどうしたらいい? お金のはなしはまだまだ続きます。

Q 支出がかさみがちな共働き家庭。娯楽費や食費の許容範囲は?

money07

食費は外食費込みの19%。生活費が月30万円なら、5万7000円。うち外食費は2万円で止めたいところ。平日の夫婦のお昼代はお小遣いで賄うなどの工夫を。娯楽費の5%は1万5000円。多くても2万円を目安に。この割合をもとにすべての支出に予算を決めましょう。予算内に抑えることで達成感を得られるはず。使いすぎかな? という罪悪感からも解放されます。

Q 学資保険って必要ですか?

money02

A 貯めても使ってしまう人はぜひ!
普通預金と違って、簡単に解約や引き出すことができないので、浪費しがちな人に向いています。また、貯蓄目的を明確にするために利用するのもいいでしょう。加入は、運用利率の良さを考えるとできるだけ早めに。週数により、妊娠中から加入できるものも。また、教育資金以外にも使いたい人は、「低解約返戻金型終身保険」で貯める方法もあります。

Q 共働き夫婦の、理想的な家計分担法って?

money03

A 夫婦それぞれの性格や考え方によって、ベストな方法を!
重要なのは、夫婦がお互いに納得したやり方であること。そのためにも、じっくり話し合う時間を持つことから!

1・収入の何割と決めて、家計費を出し合う。
不公平が生じないよう、夫婦各々の収入に応じて生活費を按分する。夫は固定給、妻は時間給の場合は、妻の欠勤による減給も考慮した配分に。生活費は、家計の全容を把握するために共同の口座で管理を。

2・引き落とし系と現金系で分担する。
 住宅費や水道光熱費などの口座引き落としは、家計簿をつけるのが苦手な人が担当を。食費や雑費などの現金払いは、しっかりチェックできる人が担えば、どちらも負担なく家計管理をしやすいでしょう。

3・夫は生活費担当、妻は貯蓄担当。
現実的に多いのがこのパターン。夫の収入だけで家計をやりくりしているので、万が一、妻が仕事を辞めたり、妊娠・出産で収入減となっても、家計へのダメージが少なくて済むメリットがあります。

[教えてくれた人]
加藤梨里先生 CFP(R)(ファイナンシャル・プランナー)マネーステップ オフィス株式会社
自身も3 歳女子を育てる働くママ。読者目線で、共働き家庭にひそむお金の問題をクリアに、わかりやすく解説! 
http://moneystep.co/
 
イラスト〇すやまゆうか 取材・文〇伊藤順子
(Hanakoママ36号より)

こちらも読んで♪
マネー特集 その1「共働き家庭はお金が貯まりにくい、は本当?
マネー特集 その3「収入と支出が同額で、自転車操業。お金を貯めるには?
マネー特集 その4「急な出費に備えるために。普通預金にはいくら入れておくべき?
マネー特集 その5「教育費と、繰り上げ返済と、老後の資金。優先順位は?