働くママのウェブマガジン

Kids最新の子ども情報をピックアップ!

絵本特集◯web特別企画あのパパは何を読み聞かせている?【料理家・コウケンテツさんの場合】

2016.04.20

あのパパは、どんな絵本を読み聞かせているの?

絵本の読み聞かせでは、パパにも活躍してもらいたいけれど、照れて読めないパパもいるかも? そこで、気になる素敵なパパたちに、どんな絵本をどんなふうに読み聞かせているか、聞いてみました! ママにも参考になるアイデアがいっぱいです♪

コウケンテツさんの読み聞かせ

kokentetsusan1

料理研究家のコウケンテツさんは、6歳男子と3歳女子のパパ。絵本が大好きな2人は、パパが家にいるときは「読んで~!」と絵本を持ってパパのお膝へ。仕事が早く終わって寝かしつけができるときも、読み聞かせを担当します。

コウさんが絵本を選ぶ基準は、絵にインパクトがあるものや、子どもが興味を持つもの。それから、ご夫婦が子どもの頃に慣れ親しんだ絵本も登場します。

絵本に出てくるお菓子やパン、お料理をお休みの日に一緒に作ることも。『11ぴきのねことあほうどり』に出てくる、あほうどりのコロッケをたくさん作って食べたこともあるのだそう。まるで絵本そのまま、うらやましい!

読み聞かせには、こんな絵本が登場します♪

noraneko250

『ノラネコぐんだんきしゃぽっぽ』作/工藤ノリコ 白泉社 1200円
毎回ノラネコたちがいたずらをして失敗して最後に怒られるというお決まりの展開が子どもたちは大好き。セリフも覚えていて日常的に使います。兄妹ゲンカをしているときに、そのセリフを言うと、思わず笑ってケンカも終了!

web327750-できるかな?

『できるかな? あたまからつまさきまで』作/エリック・カール 訳/くどう なおこ 偕成社 1200円
エリック・カールさんの作品は、絵にインパクトがあって色使いもきれいなので、子どもがお気に入りです。いろんな動物が出てきて「できるかな?」と問いかけるのですが、子どもがその動物のポーズを真似て「できるよ!」と言ってくれます。

11piki

『11ぴきのねことあほうどり』作/馬場のぼる こぐま社 1200円
11ぴきのねこシリーズはどれも面白いですが、あほうどりのお話は、あほうどりが出てくるシーンにインパクトがあって、いつも「11わあっ‼」といっしょに数えながら読みます。数え方を覚えるきっかけにもなりました。

kyabetsukun

『キャベツくん』作/長新太 文研出版 1300円
自分自身も子どもの頃に大好きでよく読みました。キャベツになった動物のイラストが面白くて、毎回ページをめくるのが楽しみです。ブタヤマさんの「ブキャ!」という声を感情たっぷりに読むと、子どもたちは大喜びです

コウケンテツさん
旬の食材を使った簡単でヘルシーなメニューが人気。テレビや雑誌、講演会など多方面でひっぱりだこ。自身の経験をもとに、親子の食育、男性の家事・育児参加、食を通してのコミュニケーションを広げる活動にも力を入れている。

web特別企画「あのパパは何を読み聞かせている?」は、まだまだ続きます。次はあの、素敵パパです。お楽しみに!
お笑いコンビ・COWCOWさんが読み聞かせている絵本
ラーメンズ・片桐仁さんが読み聞かせている絵本
漫画家・吉田戦車さんが読み聞かせている絵本
Jリーガー・中村憲剛選手が読み聞かせている絵本
絵本特集一覧はこちら

※価格はすべて本体価格。別途消費税8%がかかります。
編集・文◯宮本博美
(Hanakoママ38号より)