働くママのウェブマガジン

Kids最新の子ども情報をピックアップ!

絵本特集◯web特別企画あのパパは何を読み聞かせている?【ラーメンズ・片桐仁さんの場合】

2016.04.22

あのパパは、どんな絵本を読み聞かせているの?

絵本の読み聞かせでは、パパにも活躍してもらいたいけれど、照れて読めないパパもいるかも? そこで、気になる素敵なパパたちに、どんな絵本をどんなふうに読み聞かせているか、聞いてみました! ママにも参考になるアイデアがいっぱいです♪

片桐仁さんの読み聞かせ

katagirisan

コントユニット「ラーメンズ」のメンバーとしてだけでなく、俳優や造形作家など、多方面にわたって活動を続ける片桐仁さんは、2人の男の子のパパ。絵本では、ストーリーから離れて会話を広げて楽しむことも。お話の楽しさだけでなく、絵の面白さも伝えたい、と話します。

「寝る前に布団で一緒に読むことが多いのですが、寝入りの悪い次男は特に、寝かしつけるつもりが、かえって眼が冴えて『もっともっと!』となってしまうことも多いんです」

お子さんが通った幼稚園や保育園が絵本の読み聞かせに熱心で、長男の通った幼稚園では、プールの授業にプールサイドで読み聞かせるほど(!?)。キャラクターごとに声色やテンポを変えて読み聞かせをする先生に引き込まれる子どもたちの表情を見て、勉強になることも多かったそう。

読み聞かせには、こんな絵本が登場します♪

しんせつなともだち

『しんせつなともだち』作/方ふあん 軼羣(いーちゅん) 絵/村山知義 訳/君島久子 福音館書店 800円
思いやりが巡る、心温まるストーリー。「息子はシカが出てくるページが好き。絵がしっかりしているのもいいですね。字が少ないので、読み聞かせをしたときに親が疲れにくいのもいいと思います」

1231

『たからさがし』作/中川李枝子 絵/大村百合子 福音館書店 800円
ゆうじとうさぎのギックが同時に見つけた棒をめぐって、ふたりは勝負をすることに。「『ぐりとぐら』の中川李枝子さんの安定の絵柄。お話のリアル具合がいい感じ。ゆうじとグックがぼうを引っ張り合う絵が好き」

05_0383_200902

『ラスチョのせつじょうしゃ』作/アンヴィル奈宝子 福音館書店 362円(月刊誌「こどものとも年少版」2009年2月号)
なんでもできる犬のラスチョが、雪上車で子どもたちを雪の世界へ連れ出します。「乗り物や機械が大好きなので、子どもたちもこの本は全ページが好きみたいです。絵が細かいので、そこからストーリーを膨らませることも。『ここ、何屋さんだと思う?』みたいに」

片桐仁さん
俳優・造形作家。コントユニット「ラーメンズ」メンバー。ソロでは俳優としてだけでなく、粘土作家としての活動も。5歳&11歳男子のパパ。5月13日からイオンレイクタウンkazeを皮切りに全国10会場で『片桐仁 不条理アート粘土作品展「ギリ展」』が開催される。

web特別企画「あのパパは何を読み聞かせている?」は、まだまだ続きます。次はあの、素敵パパです。お楽しみに!
料理家・コウケンテツさんが読みかせている絵本
漫画家・吉田戦車さんが読み聞かせている絵本
Jリーガー・中村憲剛選手が読み聞かせている絵本

絵本特集一覧はこちら

※価格はすべて本体価格。別途消費税8%がかかります。
編集・文◯宮本博美
(Hanakoママ38号より)