働くママのウェブマガジン

Kids最新の子ども情報をピックアップ!

絵本特集6体を揺らす赤ちゃんに、癒されるママ続出!の新定番絵本

2016.04.15

特集「絵本の読み聞かせ」

ここ10年で、新しいロングセラーが誕生

「絵本のロングセラーといえば、ママの幼少時代から読み継がれてきた定番作品がメインでしたが、ここ10年で子どもたちを惹きつける新しい絵本が誕生。未体験のかたは、ぜひ本棚に加えて」と話すのは、丸善 丸の内本店 児童書担当の兼森さん。

特に、赤ちゃん絵本の分野で外せないのが『だるまさん』シリーズ。『だるまさんが』『だるまさんの』『だるまさんと』の3冊それぞれがミリオンセラーを超えるという人気ぶりです。

DMA-_M001613
『だるまさんが』『だるまさんの』『だるまさんと』作/かがくい ひろし ブロンズ新社 各850円柔らかい線とユーモラスな表情で描かれただるまさんに、赤ちゃんは夢中!

人気の秘密は、実際に赤ちゃんに読みきかせてみるとわかります。「だ る ま さ ん が……」と、絵本のなかで繰り返し揺れるだるまさんの動きに合わせて、体を揺らす赤ちゃんが続出! どてっと倒れてみたり、びろーんと伸びてみたり。だるまさんと一緒に動く我が子のようすは、ママにとってもたまらない癒しになるはずです。

ママの癒しといえば、『くっついた』も新定番に。動物たちがくっつくお話ですが、最後にはママやパパ、赤ちゃんがくっつく。これもぜひ、読みたびに赤ちゃんとくっついて遊びたい絵本です。

くっついた表紙100mm
『くっついた』作/三浦太郎 こぐま社 800円
金魚さんが、あひるさんが、くっついた。そしておかあさんとわたしも……。あかちゃんとほっぺをくっつけて楽しみたい絵本。

絵本特集はまだまだ続きます。お楽しみに!

子どもがすぐに寝てくれる。そんな絵本はありますか?
そもそも絵本に興味がない子には、何を読み聞かせる?
「やってみたい!」が広がる。子どものやる気を応援する絵本
いま注目すべきはこの5人。旬の絵本作家さんをご紹介!
週末行ってみたい!6つの「絵本の読み聞かせ会」
絵本特集一覧はこちら

[絵本を選んだ人]
兼森理恵さん〇丸善 丸の内本店・児童書担当
児童書担当歴16年。新規店舗の立ち上げのほか、店内のフェアやサイン会などオリジナリティあふれる企画を多数手がける。

宮本博美〇本誌「mamaʼs STORY」担当編集
読み聞かせをした後、ぬくぬくのベッドの誘惑に勝てず寝落ち、という魔のサイクルから何年経っても抜けられません!

※価格はすべて本体価格。別途消費税8%がかかります。
写真◯森山祐子 編集・文◯宮本博美
(Hanakoママ38号より)