働くママのウェブマガジン

Odekake今週末、どこに行く?

おでかけニュース【東京】力士に抱っこされて土俵の上へ。伝統行事「泣き相撲」

2016.05.17
odekake_nakizumou

赤ちゃんが健やかに育つことを祈る日本の伝統行事「泣き相撲」。化粧廻しを締め、力士に抱かれて土俵に上がります。赤ちゃんの泣き声を競うお相撲。といっても勝負は付けず、たくさん泣くことで健やかな成長を願うものです。

赤ちゃんの四股(しこ)名は事前にパパ・ママが考えて登録します。いい記念になりそうですね。

参加費1万3000円というのは、ちょっと高いと感じるかもしれませんが、土俵に上がるだけでなく、化粧まわしをつけた赤ちゃんの写真を撮ったり、記念品として四股(しこ)名カブト、手形、赤ちゃん番付がもらえるというので、かなり盛りだくさんな内容です。女の子の参加もOK。

5月29日に葛西神社で開催されますが、それ以外にも各地で開催が予定されているので、興味のあるかたはサイトにアクセスを。


【葛西神社 泣き相撲】
日時:5/29(日)10:30~12:00
会場:葛西神社 
年齢:首の座った6ヶ月から2歳半
参加費:1万3000円(御祈祷料・御守り・記念品すべて含む)
問い合わせ:葛西神社 Tel.03-3607-4560 http://homepage3.nifty.com/kasaijinja/
一心泣き相撲 http://www.nakisumo.jp/