子育てママのお悩み解決メディア
生理中に摂ったほうが良い食べ物とは?控えるべき食べ物も紹介

生理中に摂ったほうが良い食べ物とは?控えるべき食べ物も紹介

生理中は、普段とは違う食べ物を好んだりいつもより多く食べたりしてしまう人も多いようです。腹痛や頭痛など不快な症状も出て、鎮痛剤に頼ってばかりという人も少なくないでしょう。しかし、薬に頼るよりも食べ物を工夫することで症状が軽くなることも。

そこで本記事では、生理中におすすめの食べ物や控えたほうがよい食べ物を紹介します。

生理中のさまざまな不快症状の原因とは

生理中の不快な症状は、さまざまな原因によって引き起こされます。生理前になると情緒が不安定になり、イライラしたり落ち込んだりする人は少なくありません。それは、プロゲステロン(黄体ホルモン)やエストロゲン(女性ホルモン)などのホルモンバランスが崩れることが原因です。生理前から起こるこのような精神的・肉体的症状を月経前症候群(PMS)といいます。

また生理中は腹痛に悩む人が多いもの。これはプロスタグランジンという物質が分泌され、子宮収縮が起こるためです。さらに経血の量が多いと、鉄分不足から貧血になることも多いでしょう。貧血によりめまいやふらつき、動悸、倦怠感などが引き起こされます。

生理中に摂ったら良い食べ物とは

では、このような症状を緩和するためには、どのような食べ物を摂ったら良いのでしょうか。

豆腐や納豆などの大豆製品

豆腐や納豆などの大豆製品にはマグネシウムが多く含まれており、生理前症候群(PMS)の不快な症状を和らげる効果が期待できるでしょう。また大豆製品に含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモンと似た働きをするため、ホルモンバランスが整う可能性があります。

レバーなどの鉄分を多く含む食べ物

貧血予防には鉄分を多く含む食べ物が最適。赤身の肉やひじき、ほうれん草などがおすすめです。鉄分はレモンなどのビタミンCといっしょに摂取すると吸収されやすくなります。

生姜などの体を温める食べ物や飲み物

体を温める食べ物もおすすめです。生理中でなくても、普段から体を冷やさないようにすることが大切。体を温める食べ物は、生姜やネギ、ごぼうなどの根菜類です。とくに生姜は、パウダー状やペースト状のものも販売されており、食べ物や飲み物に取り入れやすいでしょう。

生理中に摂ったらだめな食べ物とは

反対に生理中に控えたい食べ物を紹介しましょう。生理痛の強い人は、これらの食べ物を控えるように心がけてみてください。

ファーストフードなどの脂っこい食べ物

生理中は、ファーストフードや天ぷらなど脂っこいものが欲しくなる人も。しかしこのような食べ物ばかり食べると、栄養バランスが崩れ体に良くありません。お肉などを食べたいときは、鍋物にしてたっぷりの野菜といっしょに摂るなど工夫しましょう。

体を冷やす食べ物

生理中に控えたい食べ物のひとつが体を冷やす食材です。トマトやきゅうりなどの夏に取れる野菜は、体を冷やす効果があります。また、よく冷えた飲み物やアイスクリームなども控えましょう。

温かいからといって、コーヒーや紅茶を摂りすぎるのも良くありません。コーヒーなどに含まれるカフェインは血管の収縮作用があるため、摂りすぎると血行が悪くなり体を冷やすことにつながります。

生理中は意識して体に良い食べ物を摂ろう

生理中の不快な症状は、女性であれば多かれ少なかれ誰もが感じるもの。あまり神経質にならず、体に良い食べ物をたっぷりと摂り、普段よりゆっくりと過ごすように心がけましょう。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →