子育てママのお悩み解決メディア
妊娠中・産後の女性ホルモンはどう変化するの?出産前に理解を深めよう

妊娠中・産後の女性ホルモンはどう変化するの?出産前に理解を深めよう

妊娠すると、女性の心と体には大きな変化が起こります。出産に向けての重要なプロセスとはいえ、心と体に起きる変化に戸惑いを感じる妊婦さんも少なくありません。

そこで今回は、妊婦さんの心と体に影響を与える女性ホルモンについて詳しく解説します。

妊娠中は女性ホルモンが増加するの?

女性が妊娠すると、エストロゲンとプロゲステロンと呼ばれる2種類の女性ホルモンの分泌量が増加します。しかし、産後にはそれらの女性ホルモンは急激に減少するため、出産したあとに体の不調を感じる女性も少なくありません。

ホルモンは体だけでなく、落ち込みやすくなったり感情的になったり精神面にも影響を与えるため、これらの変化を感じるママも多いでしょう。そんな心身ともに不安定な状態のまま育児に突入するため、心のバランスが取れなくなり産後うつに陥ることもあります。

女性ホルモンの種類とその役割

女性ホルモンとは総称なので、実はいくつか種類が存在します。ここでは、主な女性ホルモンの種類とそれぞれの役割をチェックしていきましょう。

妊娠に適した体を作るエストロゲン

エストロゲンは、ウエストのくびれや胸など女性らしい身体づくりをサポートする役割がある女性ホルモンです。

見た目だけでなく、体温の上昇や水分の蓄えなど、妊娠に適した体を作ってくれるのもエストロゲンの大きな特徴になります。

胎児と母体を守るプロゲステロン

プロゲステロンは、子宮内膜を整えて基礎体温を上げる働きを担っている女性ホルモンです。

エストロゲンと同じく周期的に分泌されるホルモンで、子宮内膜で着床したあとも妊娠を継続させるサポートを行ってくれます。

産後は女性ホルモンが激減!症状は?

妊娠中に増加した女性ホルモンは産後に急激に減少するため、その変化についていけずに困惑する妊婦さんも多いです。そこで、産後にどのような症状が現れるのかについて紹介します。

怒りっぽくなる

女性ホルモンの分泌量がいきなり激減すると、体内のホルモンバランスが崩れてしまいます。

ホルモンバランスの乱れは、自律神経にも大きく影響を与えるため、交感神経だけが活発な状態になり、常に感覚が過敏になってしまうのです。

産後、いつもなら気にしない些細なことにイライラしたら、女性ホルモンの減少が原因と考えていいかもしれません。

肌荒れに悩まされる

女性らしい体づくりをサポートしてくれるエストロゲンは、肌のツヤや潤いも守る働きがあります。

しかし、妊娠中に増加したエストロゲンは産後には減少してしまうため、肌荒れが発生することも多いようです。

また肌荒れだけでなく、乾燥やシミを引き起こすこともあるので肌トラブルに悩まされることも少なくありません。

妊娠をきっかけにホルモンバランスは変わる!

妊娠すると、出産に向けて女性ホルモンの分泌量が一気に増加し始めます。ただ出産を機に女性ホルモンの分泌は減少するため、心と体の変化についていけない人も少なくありません。

もし出産後に怒りっぽくなったり肌トラブルが起こったりした場合は、体内のホルモンバランスが崩れている可能性が高いでしょう!

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →