子育てママのお悩み解決メディア
授乳すると痛い!痛みの原因や場所ごとの対処方法を紹介

授乳すると痛い!痛みの原因や場所ごとの対処方法を紹介

授乳中に痛みを感じることがありませんか?痛みの場所によって原因がなんとなくわかっている場合と、わからず不安な場合があると思います。

授乳するときに痛いと赤ちゃんに母乳をあげられないということもあるかもしれません。そこで授乳の痛みや対処方法を紹介します。

授乳するときに痛い原因は?

授乳をするときに痛むのはどの部分ですか?大きく乳首か乳房かで分けられると思います。それぞれが痛む原因として考えられる原因はどこにあるのでしょうか。

赤ちゃんが吸うことによる「乳頭痛」

乳頭が痛い場合には「乳頭痛」といって、赤ちゃんが吸うことが原因になっている可能性が高いでしょう。授乳時のポジショニングがうまくいっていないことで、乳首に余計な負担がかかり痛んでしまうことも。

痛みがひどくなってしまうと授乳ができなくなってしまうので、予防が大切です。

痛む時期で原因が異なる「乳房痛」

乳房が痛いと感じる「乳房痛」の場合には、痛みの時期で原因が異なります。産後すぐに乳房が熱を持ったり腫れて痛んだりするのは母乳が作られている場合が多く、産後2,3日で落ち着くようです。

その後授乳中に母乳が溜まり気味になってしまうことで乳腺炎になってしまう可能性も。それぞれ対処方法が違います。

乳頭が痛いときの対処方法

乳頭が痛いと感じたら、まずは乳首の様子を確認しましょう。もし傷ができているようであれば、保湿成分のある市販のクリーム「ラノリン」を塗るのがおすすめです。

また搾乳した母乳には傷を治す成分が入っているので、塗ってみるという方法もあります。ただし、ひどい場合は病院で軟膏を出してもらうこともできるので、ひどくなる前に相談しましょう。

乳房が痛いときの対処方法

乳房が痛いと感じた場合には、痛みの原因によって適切に対処することが大切です。まずはしこりのありなしや痛み方なども確認してみましょう。

母乳が作られる痛みへの対処方法

産後、乳房が熱をもって腫れて痛む場合には、母乳が作られていることが原因の痛みだと考えられます。その場合には母乳を頻繁に出すようにすると症状が治まる可能性が。また、つらい場合には適度に冷やすことで熱を取ると改善するでしょう。

乳房にしこりがある場合の対処方法

乳房にしこりがある場合には、授乳の姿勢などを見直してみましょう。しこりがある方から母乳を飲ませるなどすると、しこりが小さくなることもあります。また衣類や下着などの締め付けが原因になっていることもあるので、ゆったりとした服装をすることもおすすめです。

しこりがなかなか小さくならない場合には、腫瘍の可能性もあるため早めに病院へ相談しましょう。

乳腺炎への対処方法

乳房が激しく痛むことがあれば乳腺炎の可能性もあります。乳腺炎の原因は、母乳が通る乳腺が炎症を起こしてしまっていることが考えられるでしょう。

対処方法としては、乳頭のむくみ取りで母乳を出やすくする方法や、適度に冷やすのも効果的です。ただし、熱が出たり、寒気がする場合には早めに受診しましょう。

授乳で痛みがあるときは早めに対応しよう

原因がわからないときや、わかっていても痛みが治まらないときもあるかもしれません。痛みを自分で治せると思っていても、実は深刻な病気を併発している可能性もあります。授乳中の痛みが不安な場合には、早めに医師に相談しましょう。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →