子育てママのお悩み解決メディア
里帰り出産後いつ自宅に帰る?平均日数やメリット・デメリットを解説

里帰り出産後いつ自宅に帰る?平均日数やメリット・デメリットを解説

産後の体調を整えたり、メンタルを保つために実家に里帰りして出産するという方は多いのではないでしょうか?けれど、実際里帰りする上でいつ頃自宅に帰ろうかと悩んでいる方も多いかもしれません。

こちらの記事では、里帰りの平均日数や、里帰りするメリットやデメリットをまとめていきます。

里帰り出産の平均日数とは?

まずは、一般的な里帰りの平均日数についてチェックしてみましょう。

産後の1ヶ月検診が終わるまで

里帰り出産をした場合、出産後に1ヶ月程度実家に滞在することが多いようです。理由として、出産をした病院で1ヶ月検診があることが挙げられます。自宅に帰ってしまうと1ヶ月検診が受けられない、または受けるのが不便になるので、これを終えてから自宅に戻ることが多いようですね。

体調次第で長くなるケースも

出産時に大量出血したり、精神的に不安定なことが続いたり、子どもに手がかかって育児以外がままならなかったり、と産後はさまざまな問題が起こりがちです。そのような場合は、2〜3ヶ月ほど実家に滞在したという方も。自分の体調と相談しながら里帰りの日数を決めるといいですね。

里帰り出産のメリット

里帰り出産をするメリットについて見てみましょう。特に初めての出産は不安が多いので、里帰りで親の手助けがあると嬉しいですね。

ダメージの大きい身体を休められる

出産をした女性は、多かれ少なかれ身体にダメージを受けています。そんな中で、自宅で初めての子育てをしながら家事もこなすのはとても大変です。実家で親に家事を担当してもらえると、自分の身体を休めつつ、子育てに専念できるのでとても助かります。

里帰りの期間が長い場合は、少しずつ家事もこなすようにしておくと、自宅へ帰ってから子育てと家事の両立をスムーズに行うことができるでしょう。

親の手を借りて安心して子育てできる

赤ちゃんはとても可愛いけれど、どのように接したらいいのか不安、と感じる新米ママは多いはず。緊張しながら子育てをしていると、心身ともに疲れてしまうことも多いでしょう。

里帰り出産で一緒に赤ちゃんを見守ってくれる大人がいる環境は、不安が軽減されるので、リラックスした気持ちで赤ちゃんと向き合うことができますよ。

里帰り出産のデメリット

里帰り出産にはメリットがある反面、デメリットもあります。里帰りの期間が長くなると、このデメリットの影響も大きくなってしまいますので気をつけましょう。

夫と2人で育児ができない

実家で夫と離れて子育てをすることで、夫が子育てにあまり参加できず、父親の自覚が芽生えにくくなります。男性は赤ちゃんと一緒に暮らさないとなかなか父親の自覚がわきにくいもの。

夫に早く父親の意識を持ってもらいたい場合や、夫婦2人で育児をしたいという場合はなるべく早めに自宅に帰るといいでしょう。

実家に気を遣ってしまう

実家で親に色々とやってもらうのに気が引けたり、親から干渉されすぎるとストレスに感じたりして気疲れが出るという方も多いです。親との関係が気にならない自宅で子育てをする方が楽…という方は、里帰り出産はデメリットとなってしまうでしょう。

ペースに合わせて里帰りの日数を決めよう

自分の体調や赤ちゃんの様子など産後はそれぞれ事情が異なるもの。まずは自分の身体を休め、子育てに慣れることを優先に考えましょう。里帰り出産後に自宅に帰るタイミングは1ヶ月検診が終わってからが目安ということを念頭に置き、その上で自分のペースに合わせて決めるといいですね。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →