子育てママのお悩み解決メディア
産後の里帰りはどう過ごす?期間や手続き、注意点について解説

産後の里帰りはどう過ごす?期間や手続き、注意点について解説

出産後に実家に里帰りする人も少なくないでしょう。里帰りする際に知っておくべきポイントはあるのでしょうか。また出産前後にやっておくべき手続きはなにがあるのかについても説明します。

産後に里帰りする際のポイント

実際に産後に里帰りするとなると、どういったことを考えておくべきなのでしょうか。里帰りする際にやっておくべき準備や産後の里帰りの期間などについて説明していきます。

里帰りする際の準備や家族へのお礼

里帰りする際は両親や義理の両親と色々なことを確認しておくことが大切です。慣れない環境での慣れない育児を少しでもスムーズに始められるよう準備しておきましょう。

  • 里帰りする期間や実家での生活リズム
  • 赤ちゃんの面倒をどこまで見てくれるのか
  • 赤ちゃんとママが寝る場所やベビー用品のチェック
  • 万が一に備えて近くに小児科があるかの確認

他にも赤ちゃん用品のオムツやミルクなどはすぐになくなってしまうので、ベビー用品を扱っているお店の場所も確認しておきましょう。

さらに家族へのお礼も大事です。実家や義理の実家でお世話になるのですから、お世話になる期間分のお金はつつんでおいたほうがよいでしょう。お礼金の相場は1ヶ月で2万~3万円程度です。お金を渡すのは気が引けると感じる方はカタログギフトを贈るという方法もありますよ。

産後に里帰りする期間の目安

産後に里帰りする場合、どれくらいの期間が目安なのでしょうか。産後の里帰りをいつから行ったのかについて、一番多いのは退院後すぐに実家に向かうというケースです。

里帰りの期間は1ヶ月~2ヶ月ほどを目安にしたというママが大半を占めています。産後1ヶ月のタイミングで赤ちゃんとママの1ヶ月検診があるので、それまでは実家にいるというママが多いようです。

里帰りした際にやるべき手続き

出産前にできる手続きと出産後に必要な手続きについて説明します。それぞれ期間が決まっているので、余裕を持って手続きをしておくと楽です。

出産前でもできる手続き

会社で働いている人が出産前にやっておくべき手続きに「育児休業給付金」があります。「育児休業給付金」とは、育児休業で働けない人に給料の半分ほどの給付金が支給される制度です。申請自体は出産後になりますが、出産前の余裕のある時期に手続き書類の準備をしておきましょう。

出産後にやっておくべき手続き

産後に必要な手続きは下記の通りさまざまなものがあります。里帰り出産で実家と自宅の居住地が異なる場合は、夫に手続きをお願いするなど、ママの負担が少なくなるよう事前に相談しておきましょう。

  • 出生届
  • 児童手当
  • 健康保険の加入
  • 乳幼児医療費助成
  • 出産育児一時金
  • 高額医療制度

このうち、出生届は生まれた日を含めて14日以内に、届出人の所在地(住所地の他、里帰り先の一時滞在地も含む)、父または母の本籍地、子供の出生地のいずれかの役所に出します。里帰りをしている場合は里帰り先の役所に期限内に提出すれば問題ありません。

また健康保険の加入と乳幼児医療費助成は1ヶ月検診までに手続きを済ませるようにするとよいでしょう。

長期の里帰りで離婚の危機になる?

移動距離やママの体調にもよりますが、里帰りをする人は1ヶ月程度実家に滞在することが多いようです。そんな中、里帰りが長引いてしまうと離婚の危機に直面してしまうとも言われています。一体何が原因なのしょうか。

長期の里帰りのデメリット

里帰りの目的はママの体の回復や赤ちゃんのお世話経験のある人がいること、多くの人の手が借りられることが挙げられます。里帰り先が自宅から近ければパパも通いやすいですが、遠い場所となると中々会うことができません。

パパが赤ちゃんに会えない状態が長く続くと、パパ自身の父性が育ちにくくなってしまいます。さらにパパの育児参加が遅れ、なかなか育児に慣れることができません。その結果、夫婦喧嘩が多くなってしまうこともあるようです。

里帰りはママにとってメリットが大きいものですが、デメリットも考慮しておきましょう。

産後の里帰りで育児と家事の流れを作ろう

産後の里帰りはママの体の回復や育児の流れを作る大切なものです。まずは体の回復を最優先に過ごし、少し落ち着いてくれば無理のない範囲で家事などの手伝いをしていくようにしましょう。

サポートしてくれる両親や義理の両親への感謝の気持ちを大切にしながら、自宅に帰ってからの育児や家事の流れを掴んでおくことも大切です。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →