子育てママのお悩み解決メディア
お宮参りの服装ガイド!どこまでカジュアルでも許容される?

お宮参りの服装ガイド!どこまでカジュアルでも許容される?

赤ちゃんとの最初の外出が「お宮参り」という方も多いでしょう。そこで気になるのが服装です。赤ちゃんやママ、パパはどのような服装が好ましいのでしょうか。また、カジュアルな服装はどこまで許容されるのかについても解説します。

お宮参りの服装を選ぶ基準

お宮参りとは、初めて赤ちゃんが神社を参拝することを意味します。地域によっても参拝する日は異なりますが、男の子は生後31日、女の子は生後32日のことが一般的です。 赤ちゃんを初めて神様に見せる儀式でもあるため、神様に対して失礼のないように意識するようにしましょう。

赤ちゃんの服装

お宮参りでは、白羽二重の祝い着かベビードレスを赤ちゃんに着せることが多いです。神社によっては、簡単に着せられる祝い着を貸してくれるので、事前に問い合わせてみましょう。 また、暑い季節は、薄手のベビードレスなら通気性も良く、赤ちゃんも機嫌よく過ごしてくれますよ。

ママの服装

赤ちゃんが祝い着を着る場合は、ママの服装も着物のほうが写真映えします。しかし、産後あまり日が経っているわけではないので、無理をして着物を着る必要はありません。 黒や紺、グレーなどの落ち着きのある色のスーツやワンピースなら、赤ちゃんとのバランスが取れ、なおかつ主役の赤ちゃんを引き立てられるでしょう。

夏は薄手のワンピースもおすすめです。赤ちゃんのお世話もあるので、動きやすくなおかつフォーマルに見える服装を選びましょう。

パパの服装

パパの服装は、ママとのバランスが大切です。ママが「締め付けるのはしんどい」とワンピースを選んでいる場合は、スーツが良いでしょう。 また、洋装を選ぶ場合は、できれば夏もジャケットを着ているほうが好ましいです。薄手の夏用のスーツで神社に出かけましょう。

お宮参りの服装で押さえておきたいポイント

お宮参りの服装は、レンタルする場合がほとんどです。そこで気になるのは、レンタルの相場。服装選びだけではなく、レンタルの相場についてもしっかり押さえておきましょう。

レンタルの相場

赤ちゃんの祝い着のレンタル料の相場は1万円~2万円です。品質にもよりますが、購入すると5万円~10万円ほどすることもあるので、まずはレンタルを検討してみてもいいでしょう。

カジュアルな服装の許容ライン

赤ちゃんの祝い着は用意するとしても、親の服装までは手が回らないという方もいらっしゃるでしょう。しかし、お宮参りは神様との神聖な儀式ですので、高額でなくても飾りがなくシンプルで落ち着いた色味のワンピースかスーツを着てください。

予算が少ないときは、カジュアルブランドでOKです。しかし半袖ハーフパンツといったカジュアルな服装は、たとえブランド物であってもふさわしいとは言えません。

写真に残ることも考えて服装を選ぼう

お宮参りはあっという間に終わるイベントですが、写真に残るため、できるだけフォーマルできちんとした服装で出かけることをおすすめします。 あくまでも主役は赤ちゃんですので、ママとパパは落ち着いた色味でシンプルな服装を選びましょう。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →