子育てママのお悩み解決メディア
お宮参りにいつ行くべき?日程を決めるときの注意点

お宮参りにいつ行くべき?日程を決めるときの注意点

赤ちゃんが産まれてから初の行事がお宮参りという方も多いですよね。初めての子供の場合、お宮参りに行く時期や赤ちゃんの服装など、わからないこともたくさんあるのではないでしょうか?赤ちゃんが産まれる前に、色々と調べておきたいものです。そこで、お宮参りに関することをまとめてみました。

お宮参りにいつ行くのが良い?

お宮参りは、赤ちゃんの長生きと健康を祈るのと同時に、無事に1ヶ月過ごせたことに感謝する行事でもあります。したがって、1ヶ月過ぎてから行くのが望ましいです。

しきたりでは、男の子は生まれてから31日目、女の子は生まれてから32日目が良いといわれていますが、季節や体調、家の都合などに合わせて日程を決めると良いでしょう。また、お七夜などの行事と一緒に行う地域もあるので、念のために調べておくと安心ですね。

1ヶ月健診の後

1ヶ月健診では、産後の母体の回復状態や赤ちゃんの発育状態などを確認します。自分の体の回復状況と赤ちゃんがしっかりと育っていることがわかったら、ひと安心ですよね。お宮参りの時期は、1ヶ月健診が終わった頃を目安にするとよいでしょう。

縁起の良い大安

縁起が良い日にしたい方には、カレンダーで六曜をチェックしてみてください。皆さんもご存知の大安は祝い事でもよく選ばれる日ですが、参拝客も多く混んでいるかもしれません。人混みを割けるなら、先勝や友引の方がおすすめです。

お宮参りは生後何ヶ月まで?

お宮参りは生後1ヶ月頃に行くのが一般的ですが、体調や気候にあわせて時期をずらしても構いません。生後3ヶ月までが、目安だと考えてください。ただ3ヶ月過ぎたらNGというわけではないので、焦って無理にスケジュールを組むのはやめましょう。

赤ちゃんが生まれてから100日目に行うお食い初めと一緒にお宮参りをする地方もあるので、地域のしきたりに詳しい祖父母に聞いてみるのもいいかもしれません。

時期を決める際に注意したいこと

お宮参りの時期を決めるときに、頭に入れておきたいことが3つあります。

天候や母子の体調を最優先

暑さや寒さが厳しい日は、避けてください。赤ちゃんは、体温調節がまだ上手にできないので、快適な気候の日を選ぶようにしましょう。

出産後間もない時期は、ママの体調が万全でないこともあります。お宮参り当日の天候や母子の体調によっては日程を変更を検討してください。

赤ちゃんの服装について

お宮参りでの赤ちゃんの服装は、着物が多数派です。肌着やベビードレスを着せてから、抱っこしているママと赤ちゃんを一緒に包むようにして、ママの背中あたりでひもで結ぶのが一般的です。

着物を避けたいという方は、ベビードレスだけでも構いません。天候に合わせて、赤ちゃんが快適な服装にしてあげましょう。

両家の実家に早めに日程を連絡

お宮参りの日程が決まったら、両家の実家に早めに連絡するのが望ましいです。たとえ遠方でも、お宮参りに一緒に行きたいかもしれません。また、両家の祖父母が揃うことになった場合、お宮参りの後にみんなで食事をする可能性もあります。

外食ならば、早めに予約しておいた方が安心ですね。個室があると落ち着いて食事ができるので、周辺のお店をチェックしてみましょう。

お宮参りは天候や体調が良い日にしよう

お宮参りは、赤ちゃんの健康を感謝し、その後もすくすくと育ってくれることを祈るものです。しきたりにとらわれて、ママや赤ちゃんの負担が増えることは避けましょう。お宮参りを楽しい思い出にするためにも、天候や体調が良い日を選ぶようにしたいですね。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →