子育てママのお悩み解決メディア
出産の内祝いとは何をするの?マナーや注意点と人気ランキングを紹介

出産の内祝いとは何をするの?マナーや注意点と人気ランキングを紹介

赤ちゃんを出産後に出産のお祝いをもらったら、内祝いをするのがマナーです。しかし、内祝いをどのように、何を贈ればよいのか分からないという方も多いでしょう。

今回は、出産の内祝いについてマナーや注意すべき点を解説します。内祝いの人気ランキングも紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

出産の内祝いとは?

そもそも出産の内祝いとは、どういうものをいうのでしょうか。

出産祝いのお返し

本来「内祝い」とは、「身内で起こったお祝いや喜びのおすそ分け」として、周りの方に贈り物をするという意味でした。

しかし、内祝い自体に「お返し」の意味が濃くなり、現在では「出産の内祝い」といえば、「出産のお祝いをくれた方へのお返し」という意味で使われるようになったのです。

出産の内祝いのマナー

出産の内祝いには、マナーがあるのをご存じでしょうか。内祝いを贈る相手に失礼にあたることのないよう、しっかりと覚えておきましょう。

期限はいつまで?

出産後は、慣れない育児や赤ちゃんの行事が続きますが、出産の内祝いは生後1ヶ月頃までには贈るように準備しましょう。 地域によって違う場合もありますが、おおよそお宮参りの頃と覚えておくといいかもしれません。

体調などにより生後1ヶ月頃が難しい場合は、遅くても生後2ヶ月以内には贈るようにしましょう。

金額の相場は?

内祝いの金額は、出産のお祝いでいただいた金額の半分程度、「半返し」が一般的です。両親や親戚など、高価な出産祝いをもらった場合は、1/3程度を目安としましょう。

内祝いの金額が高すぎると相手にかえって気を遣わせてしまいます。地域の習慣や、相手との関係などを考慮しながら決めるとよいでしょう。

のしやメッセージカードは?

内祝いには必ず、忘れずにのしを付けましょう。名前は赤ちゃんの名前を書き、ふりがなもあると覚えてもらいやすくなります。

水引は、紅白の「蝶結び」を選びましょう。ほどいてもまた結ぶことのできる「蝶結び」は、うれしい出来事がまたあるようにとの意味が込められています。

また内祝いだけを贈るのではなく、お礼のメッセージカードやお礼状もきちんと添えて贈りましょう。「お返し」という言葉は使わず、感謝の気持ちを伝え、赤ちゃんの名前や読み方、母子の様子などを書きます。

出産の内祝いの注意点とは?

出産のお祝いを、連名でいただく場合もあります。その場合は、同じく半返しから人数を割った金額とするといいでしょう。

また会社などの大人数の場合は、個包装のお菓子などが最適です。 もし、「お返しはいらない」と言われた場合は、相手との関係性で対処しましょう。

両親や兄弟などの身内の場合は甘えるのもいいのですが、親族などの場合は今後の付き合いを考え、内祝いを贈る方が無難。

また、同僚や上司の場合も同じです。社交辞令の可能性もありますので、そのまま受け取らず、きちんと内祝いを贈りましょう。

出産の内祝い人気TOP3

内祝いの品を選ぶ際は、数ある商品の中からどんな内祝いを贈ればいいのか迷うものです。ここからは、人気の内祝い3選を紹介します。

お菓子

種類も豊富にあり、小さなお子さんがいる家庭にも喜ばれるのがお菓子です。お菓子は食べればなくなるものなので、どんな相手に贈っても喜ばれる気軽な贈り物といえます。

贈る際のポイントは、普段自分では買うことのないものを選ぶことです。有名なスイーツやブランド、簡単には手に入らないものだとより特別感が増し、喜ばれるでしょう。

カタログギフト

相手の好みが分からない場合は、相手に好きなものを選んでもらえ、また同時に「選ぶ楽しさ」も味わえるカタログギフトがおすすめです。

出産後に1人ずつ内祝いの品物を選ぶのはかなり大変な作業なので、金額別に選べるカタログギフトは便利ですし、内祝いの定番ともいえるでしょう。

タオル・ハンカチ

タオルは実用的で何枚あっても困らないものです。また男女問わず、どの年代でも喜んでもらえます。そこでせっかく贈るのなら、品質の良いワンランク上のものを贈りましょう。

ハンカチもいくつあっても重宝されるものです。相手のイニシャルを入れると記念にもなり、特別な贈り物となります。

出産の内祝いは相手に喜ばれるものを贈ろう

出産後に贈る内祝いは、時間や体力的にも大変な作業です。マナーなどもあり、難しく思うかもしれません。しかし内祝いは、感謝の気持ちを伝えるもの。相手のことを思い、喜ばれるものを贈りましょう。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →