子育てママのお悩み解決メディア
産後の家事はいつから可能?体の変化と家事ができないときの対策

産後の家事はいつから可能?体の変化と家事ができないときの対策

産後の体は体力を消耗しやすく体調も不安定なので、育児をしながらの家事はとてもつらく感じるものです。

ただ、家事ができないと洗濯物が山積みになったり部屋が散らかったりするばかりでイライラが募ることも。そこで今回は、産後で家事ができないときの対策を紹介します。

産後すぐの女性の体の変化とは

産後は、体がすぐ出産前の状態に戻るわけではありません。まずは、産後の体の変化に対する理解を深めていきましょう。

産後の体は徐々に回復する

産後に女性の体は、産褥期(さんじょくき)を経て徐々に妊娠前の状態に戻ります。産褥期とは、体が元の状態に戻るまでの期間のことです。

この期間は人によって個人差がありますが、一般的には6〜8週間ほどかかるといわれています。

産後は体を休めるのが第一優先

産後すぐの女性の体調はかなり不安定な状態なので、産褥期中に無理をするのはあまりおすすめできません。

無理をすると回復までに余計に時間がかかることもあるため、育児以外はなるべく体を休めることに専念するのがよいでしょう。

産後はいつから家事ができるの?

家事を始める時期は、産後3週間を目安にしましょう。ただし、この日数はあくまで目安です。体の回復期間は人によって異なるので、体の様子を見ながら家事の開始時期を決めるのがよいでしょう。

また、家事を始めるときは、疲れたらすぐに休憩して少しずつ体を慣らしていくことが大切。体にかかる負担も最小限に抑えられます。

産後に家事ができないときの対策

体調が万全でないとはいえ、家事を完全に無視することはできません。そこで、出産後に家事ができないときの対策を紹介します。

夫や両親など周囲の協力を得る

体調が優れないときも無理して家事をこなそうとする女性もいますが、可能であれば夫や両親に協力を仰ぐのが望ましいです。

特に男性は出産後のダメージがどれほど大きいのか認識していない人もいます。妊娠中から夫に話をして、産後にサポートしてもらう体制を整えていきましょう。

便利な家事グッズを駆使する

産後の負担を減らすために、便利な家電や家事グッズを使うのも一つの方法です。例えば、床の掃除はロボット掃除機に任せたり立ったまま拭けるフローリングワイパーを活用したりするのもよいでしょう。

現代は便利な家事グッズが数多くあるので、積極的に使うのがおすすめです。

家事代行サービスを利用する

費用がかかるので選択肢に入れない人もいますが、家事代行サービスを利用することも検討してみましょう。

家事代行サービスに依頼すれば、プロの掃除人が部屋を隅々まで掃除してくれます。また、夫や家族にも負担をかけないので気後れすることなく休めるはずでしょう。

産後は無理をせず家族のサポートを得よう!

出産は自分が思う以上に体力が消耗します。回復前に無理をすると、体に悪影響を及ぼすこともあるので一定期間は安静に過ごすのが一番です。

妊娠前から家族でしっかり話し合い、家事は夫や両親に任せて安静時期を乗り切りましょう!

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →