子育てママのお悩み解決メディア
妊娠初期に頭痛はある?つわりの諸症状と上手に乗り切る対策法

妊娠初期に頭痛はある?つわりの諸症状と上手に乗り切る対策法

妊娠中はホルモンバランスの変化によって、さまざまなトラブルが起こりやすくなります。特に妊娠初期には、つわりで体調を崩してしまう方も少なくありません。ここでは、つわりの諸症状と上手な付き合い方をご紹介します。

妊娠初期に起こる頭痛

妊娠初期に頭痛を引き起こしてしまうこともあります。頭痛づわりともいわれ、珍しい症状ではありません。

ホルモンバランスやストレスの影響

頭痛づわりは、妊娠を維持していくために必要な「黄体ホルモン」が影響しているといわれています。この黄体ホルモンは妊娠初期に分泌量が増えるため、頭痛を引き起こしてしまうことがあります。 ホルモンバランスの影響に加え、妊娠による不安やストレスなどが加わることも原因の一つといえるでしょう。

つわりが影響して頭痛を引き起こすことも

つわりがひどく食べ物を食べられない状態が続くと、血糖値が下がってしまい頭痛の原因に繋がることもあります。

薬は飲んでもいい?

妊娠中でも薬の服用は可能です。ただし、必ず医師に相談をして処方された薬を服用するようにしましょう。 市販薬を自己判断で選ぶのは危険です。

つわりの主な症状と対策法

ここでは、主なつわりの症状とそれぞれの対策法をご紹介します。

吐き気

食べてもすぐに吐いてしまったり、お腹が空いているのに吐き気がして食べられなかったりという症状が見られます。全く食事を取らないのは、赤ちゃんの栄養面にも影響が出てしまうので、まずは少量ずつ食べるようにしてみましょう。食事の時間を気にせず、食べられる時に食べられる量を試してみるのも一つの方法です。

眠気

ホルモンバランスの影響で、普段通り睡眠を取っていても眠くなってしまうことがあります。強い眠気に襲われた時には、無理をせず体を休めるようにしましょう。

頭痛

ホルモンバランスやストレスなどが重なると、妊娠中に頭痛の症状が見られます。お風呂に浸かってリラックスしたり、散歩などで気分転換をしたりするのもいいかもしれませんね。体を休めても頭痛が続く場合には医師に相談することも大切です。

楽しい未来を想像して前向きに乗り切ろう

つわりによって体調が優れないと、どうしても暗い気分になってしまいますよね。しかし、つわりは赤ちゃんが頑張って成長している証拠でもあります。お腹の赤ちゃんとの楽しい未来を想像してみると、少しでも明るい気持ちになれるのではないでしょうか。限られたマタニティライフをできるだけ楽しい思い出にできるよう、自分にあった対処法を見つけてつわりを上手に乗り切りましょう。

監修者:林泉
経歴:
東京大学医学部保健学科卒業
東京大学大学院医学系研究科修士課程修了
ソウル大学看護学部精神看護学博士課程修了、看護学博士号取得

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →