子育てママのお悩み解決メディア
つわり中でも朝ごはんは食べるべき?食べやすくする方法なども紹介

つわり中でも朝ごはんは食べるべき?食べやすくする方法なども紹介

つわりがひどいときに「朝ごはんをどうしよう」と思ったことはありますか?妊婦さんの悩みであるつわりは、症状がひどいと吐き気を伴います。

そんなつらいつわり中でも「食事は摂らないといけない?」「どんなものを食べたらよいの?」と悩む方も多いでしょう。今回は、つわりがひどいときでも楽にとれる朝ごはんなどを紹介します。

つわり中でも朝ごはんは食べるべき?

妊婦さんは、つわりでひどいときでも、朝ごはんを食べたほうが良いとされています。朝ごはんを食べていないと、身体にエネルギーを送ることができず、1日の活動をするための力が湧きません。

またお腹の赤ちゃんに十分な栄養を届けるために、妊婦さんの身体は普段以上にエネルギーを使っている状態です。朝食を摂らないで昼食とまとめて食事をすると、血糖値が急激に上昇するため、体重増加にもつながることがあります。

つわり中でも朝ごはんを食べやすくする方法

毎日食べたほうがいい朝ごはんですが、つわりがひどいときには普段の朝ごはんを食べるのは難しいでしょう。以下の方法で、少しでも食事を摂る工夫ができます。

無理に食べず水分を補給

食事の前に、コップ一杯の水を飲んでみてください。寝起きにいきなり固形物を口にすると、吐き気が起こり、食べ進められないことがあります。まずは水を飲み、口の中をさっぱりさせるとよいでしょう。

一気に食べず小分けにする

消化器官に負担をかけないためにも、量は小分けにして食べることをおすすめします。いっぺんに食べないといけないと思わず、自分が食べられる量をしっかり食べるようにしましょう。

つわり中におすすめの朝ごはん3選

つわりがつらい朝でも簡単に作ることができて、さらっと食べられる朝ごはんメニューを紹介します。

1.バランス良く栄養をとれる味噌汁

味噌汁は野菜や味噌の栄養素をしっかり摂ることができます。また野菜が柔らかく煮込まれているため、お腹にも優しいメニューの1つです。

2.用意が簡単なゼリーやヨーグルト

ゼリーやヨーグルトはわざわざ作る必要がなく、すぐに用意して手軽に食べられます。甘くて口当たりもよいため、食欲がなくても食べやすいと感じる人が多いでしょう。

3.喉越しが良い麺類

麺類は材料が少なく、短時間で調理ができるためおすすめです。喉越しの良さから、どんどん食べ進めることができるでしょう。

つわり中の朝ごはんは無理せず摂ろう

今回は、つわりがひどいときの朝ごはんについて紹介しました。朝ごはんは母子が健康に過ごすために必要ですが、食べることがつらいと思うこともあるかもしれません。

そんなときは無理して食べるのではなく、工夫して食べやすくしたり、食べやすいメニューに変えたりしてみてください。自分が食べやすい食事を探し、つわりを乗り越えていきましょう。

監修者:林泉
経歴:
東京大学医学部保健学科卒業
東京大学大学院医学系研究科修士課程修了
ソウル大学看護学部精神看護学博士課程修了、看護学博士号取得

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →