子育てママのお悩み解決メディア
妊娠初期の足の付け根が痛む理由とは?おすすめの解消法をご紹介!

妊娠初期の足の付け根が痛む理由とは?おすすめの解消法をご紹介!

女性は妊娠すると、それまでなかったいろいろな症状を経験します。初期のころ、足の付け根に痛みを感じる方もいるでしょう。今回は、妊娠初期に見られることがある、足の付け根の痛みと解消方法を紹介いたします。

足の付け根が痛い、つる、歩けないなどの原因とは?

妊娠中、足の付け根に痛みを感じる方も少なくありません。後期にその症状が見られる人もいますが、それほどお腹が大きくないうちから症状が見られる方もいます。

また、足がつりやすくなる方もいるのですが、これは運動不足、栄養不足などが原因になることも多いです。対策としては、足の疲れを取る工夫をすることがよいでしょう。お風呂で下半身を温めるのもおすすめの方法です。

ホルモンによる関節の緩み

女性は長い期間、多かれ少なかれホルモンの影響を受けながら生きることになります。妊娠中も同じです。妊娠すると、ホルモンの分泌が増え、これによって関節に影響が出ることがあります。

また、ホルモンの一つであるリラキシンの分泌により、骨盤を緩ませ、痛みが生じている場合も少なくありません。付け根以外にも、腰痛などの原因になることもあります。

血流の悪化

血流が悪くなることで、足の付け根に痛みが感じられることもあります。お腹が大きくなることで、血管を圧迫。痛みやむくみなどの症状が出ることがあります。

鼠径ヘルニアの可能性も?

特に足の付け根に強い痛みや腫れが見られるようなときは、鼠径ヘルニアの可能性も考えられます。鼠径ヘルニアと脱腸とも呼ばれ、腸が腹膜を超えて飛び出している状態のことです。我慢せず、すぐに受診することをおすすめします。

妊娠中に足の付け根が痛む時の解消法

妊娠中に、足の付け根に痛みを感じる方は少なくありませんが、気になるときは一度医療機関で診てもらうのがおすすめです。医師からOKが出るようなら、無理しない程度にマッサージなどをしてみるのも良いでしょう。 

血流を良くするためのマッサージ

医師から問題ないといわれたら、血行を良くするためのマッサージやストレッチなども良いでしょう。ただし、絶対に無理をしないようにしてください。また、疲れたときは体を休めるように努めることも大切です。

冷えないように体を温める

冷えは、妊娠中も避けたいところ。体が冷えないような服装に努めたり、冷たいものを摂りすぎないように注意したりすることも必要です。夏もクーラーで体が冷えない工夫をしましょう。

ウォーキングなどで適度に体を動かす

無理しない程度の運動は、体重増加を抑えてくれたり、良い気分転換になってくれたりとメリットはたくさんあります。足の付け根に痛みの改善にも効果が期待できますので、ウォーキングなどを取り入れてみるのも良いでしょう。

歩けないほど痛みがひどい場合は産婦人科に相談を!

妊娠中は、それまで経験したことがなかった、さまざまな不調を感じやすくなります。血流を良くするために体を温めることもできますが、無理をしない生活を心がけることも必要です。また、適度な運動をすることには足の付け根の痛みを改善する以外のメリットもありますので、無理をしない程度に続けてみてください。

ただし強い痛みがある場合は、一度病院で診てもらいましょう。妊娠だけでなく、それ以外に原因がある可能性もあるからです。

監修者:林泉
経歴:
東京大学医学部保健学科卒業
東京大学大学院医学系研究科修士課程修了
ソウル大学看護学部精神看護学博士課程修了、看護学博士号取得

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →