子育てママのお悩み解決メディア
つわりはいつから?軽減できるもの?始める時期や軽減法も解説

つわりはいつから?軽減できるもの?始める時期や軽減法も解説

個人差はあるものの、人によっては耐え難い症状に悩まされるつわり。先輩ママたちからつわりがつらかったという話を聞き、不安に感じている方も多いでしょう。ですが、事前に正しい知識を持っていれば、酷いつわりが来た時も落ち着いて対処することが可能です。

今回はつわりで発生する症状と、軽減する方法について紹介していきたいと思います。

早い人だといつから始まる?その症状とは?

早ければつわりは妊娠5週目から症状が出始め、8週から9週にかけて最も辛くなることが多いです。その後、15週あたりから16週ごろにかけて落ち着いてくるのが一般的です。もちろん個人差はありますので、目安としておきましょう。症状はおおまかに以下のようなものがあります。

猛烈な吐き気に襲われる 

胃や胸がむかむかとしてしまい、我慢のできない吐き気に襲われます。匂いや香りにも敏感になってしまい、今まで好きだった食品の香りまで不快感となり吐いてしまうことも。また、常になにかを口にしていないと吐き気がしてしまう、食べづわりという症状もあります。

ホルモンバランスが崩れる 

妊娠中はホルモンバランスが崩れてしまう影響で、我慢できないような急激な眠気、理由のないイライラ、頭痛といった症状にも悩まされます。

こうした症状が重なることは、妊娠前と同じパフォーマンスで仕事ができないということで余計イライラしてしまいますが、つわりとはそういうものだと受け止めて無理はしないようにしましょう。

自律神経が乱れる

つわりが起きると、不安や戸惑いがあらわれます。そのほかにも、妊娠時のさまざまな不安が重なることで大きなストレスへとつながってしまい、そのストレスが原因で自律神経が乱れることが少なくありません。

自律神経の乱れが原因の、他の体のだるさや便秘、下痢といった症状も重なる可能性があります。

つわりを軽減する方法がある?

生活習慣以外にも、体質なども関係してくるのがつわりです。症状に個人差があるので完全に防ぐのは難しくても、ある程度軽減できる可能性はあります。

ビタミンとミネラル摂取を意識する 

つわりが酷いからと言って食事をとらない、必要な栄養をとらないというのはかえってつわりを悪化させてしまいます。つわりの悪化の要因の一つは、栄養不足です。

特にビタミンやミネラルの不足はホルモンバランスを乱れやすくしてしまい、それによって頭痛や眠気などの症状に繋がってしまいます。

ビタミンとミネラルの摂取を意識したバランスの良い食事は、つわりの改善につながるでしょう。

なるべく空腹の時間を少なくする

食べすぎなどは急激な体重増加が心配ですが、空腹の時間を減らすことで吐き気を和らげることができます。吐き気があって食べることに抵抗があっても、空腹状態では更に吐き気を強くしてしまうため危険です。

嘔吐は体力を消耗させてしまいますので、少量をこまめに食べて空腹時間を減らしましょう。

つわりが始まったら無理のない生活習慣を!

つわりがはじまったら、いつからどんな生活習慣をするべきなのか色々考え、不安感を強めてしまうかもしれません。無理をしない生活やバランスの良い食事を心がけることで、つわりの症状を軽減するようにしていきましょう。

監修者:林泉
経歴:
東京大学医学部保健学科卒業
東京大学大学院医学系研究科修士課程修了
ソウル大学看護学部精神看護学博士課程修了、看護学博士号取得

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →