子育てママのお悩み解決メディア
つわりにはピークがある!辛い時期と乗り越える対策を解説

つわりにはピークがある!辛い時期と乗り越える対策を解説

聞いていたほどつわりはひどくないと油断していたら突然我慢できない吐き気や頭痛、倦怠感に襲われて、想像以上に辛い思いをする方も多いのがつわりです。

つわりにはピークがあり、辛い時期を乗り越えれば、だんだんと症状は改善されていきます。つわりのピークと対策についてご紹介しますので、この記事を参考にして辛いつわりを乗り越えましょう。

辛いつわりはいつ終わるの?

つわりには個人差があり、ピークを迎えてから落ち着くまでも人それぞれ違います。一般的にピークは8-11週ごろに迎え、落ち着くのは12~16週ごろというのが多いようです。

つわりにはピークが訪れるもの

妊娠してから最初のうちはつわりの症状も少なく、妊娠前のように体を動かすこともそこまで負担にはなりません。

ですが、つわりのピークを迎えると立って歩くことも辛く、食べることも飲むこともできず、食品の臭いを嗅いだだけで吐いてしまうという状態にまでなってしまうこともあります。

そのほかにも、イライラしたり頭痛が酷くなったりと症状は次々に出てきます。こうした症状がたくさん出てくるようになるのは、つわりのピークを迎えたためです。

症状には個人差がある

このつわりの症状には個人差があります。自身の親、姉妹がつわりでずっと吐いていたからといって自分も同じ症状になるというわけではありません。

食品の臭いだけでも吐き気が出てきてしまう方もいれば、何かを食べていないと吐き気がしてしまう「食べつわり」という症状の方もいます。

辛いつわりには対策をしよう

つわりの症状を完全になくすことは難しいですが、対策をとることである程度軽減させることは可能です。対処方法を把握し、つらいつわりを乗り越えましょう。

どうしても吐き気に襲われるとき

水分を補給したり、みかんなどの柑橘類などを食べたりすることで吐き気が軽減されるという方もいるようです。食べることが難しい時は、柑橘類やハッカなどの香りでスッキリさせるという方法をとるのも効果的です。

食べつわりが起きているとき

食べつわりの時におすすめの食べ物は、おにぎりやゆで卵といった低カロリーで腹持ちの良いものです。

つわりのピーク時は、食べつわりの症状が出ていても、ものによっては食べにくい時がありますので、自身にとって食べやすいものを少しずつ選んでいきましょう。

飴やグミなどのちょっとしたお菓子や煮干しなどを持ち歩くのも効果的です。

とにかく臭いに対して辛いとき

周囲の臭いが辛い場合、マスクがより効果的で手放せなかった方も多いようです。少しでも臭いを消すためにアロマやスプレーを使ったり、消臭剤を置いたり、臭いの元を自分から遠ざけたり、換気したりするといった方法が有効なようです。

辛いつわりがきたらとにかく無理をしない!

つわりの重さは人それぞれ違います。あの人は我慢できたから自分も我慢しなければいけないと思う必要はありません。つわりのピーク時、辛い時はしっかり休み、無理に家事や仕事をこなそうとしないようにしましょう。お腹の赤ちゃんのためにも無理せずに過ごすように心がけてください。

監修者:林泉
経歴:
東京大学医学部保健学科卒業
東京大学大学院医学系研究科修士課程修了
ソウル大学看護学部精神看護学博士課程修了、看護学博士号取得

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →