子育てママのお悩み解決メディア
いつまで続くの?妊娠初期に腹痛がチクチクする理由とは

いつまで続くの?妊娠初期に腹痛がチクチクする理由とは

妊娠初期の症状として、腹痛が起こることがあります。あまりに長く腹痛が続くと、いつまで続くのか心配になる人も多いでしょう。

そこで今回は、妊娠初期に腹痛が起こる理由やいつ頃まで症状が続くのかについて解説します。

妊娠初期に起こる腹痛の理由って?

そもそも、なぜ妊娠初期に腹痛が起こるのでしょうか。腹痛の症状が現れる理由を見ていきましょう。

便秘や下痢になりやすい

妊娠初期に腹痛が起こる原因のひとつに、便秘や下痢が考えられます。便秘や下痢になる理由は、妊娠によるホルモンバランスの変化にあります。

妊娠を継続させよう女性ホルモンの働きが活発になり、その結果胃腸の働きが鈍くなって便秘や下痢を引き起こすのです。

子宮が大きくなろうとしている

妊娠初期は子宮に流れる血液量が増え、子宮の筋肉が伸び靭帯が引っ張られます。その結果、生理痛のような痛みを感じることがあります。

とりわけ体をねじったり立ち上がったりするときに痛みを感じやすくなるので、注意が必要です。

初期流産の可能性がある

妊娠の初期段階で起こる腹痛には、初期流産の場合もあるので注意が必要です。下腹部の痛みや少量の出血を伴う場合には切迫流産、激しい腹痛や多量の出血を伴う場合には進行流産(※)の可能性が考えられます。

異変を感じた場合は、早めに受診しましょう。

※すでに流産が始まっている状態です。

子宮や卵巣に疾患があることも

妊娠前から子宮や卵巣の疾患がある場合は、妊娠初期に腹痛が起こることがあります。症状によっては、妊娠の継続に影響を及ぼすこともあるので十分に注意しなければいけません。

妊娠初期の腹痛はいつまで続く?

妊娠15週頃までは、子宮の筋肉が伸びたり靭帯が引っ張られたりするため腹痛が起こりやすくなります。

特に問題がないときは、少しずつ症状も改善されるでしょう。ただし、様子を見ても腹痛がなかなか治らないときは、担当医に相談するようにしてください。

妊娠初期の腹痛でよくある質問

ここからは、妊娠初期の腹痛でよくある質問をまとめました。ぜひ参考にしてください。

腹痛は激痛でも我慢すべきなの?

妊娠初期の腹痛の程度は人によって大きく異なります。「少しの痛みであれば我慢しよう」と考える人もいますが、自己判断で放置すると良くない結果を招く恐れもあります。

不安なときは我慢せずに担当医に相談しましょう。

出血をともなう腹痛があったら?

妊娠初期に、出血をともなう腹痛がおこる場合もあります。約3割の妊婦さんは、妊娠初期に出血を経験していることが分かっています。とくに初めての妊娠で出血を経験すると、不安に感じる人も多いはず。

「まあ、大丈夫だろう」と自己判断せずに担当医の指示を仰ぎましょう。

妊娠初期の腹痛が気になるときは早めに受診しよう!

妊娠初期の腹痛は、多くの妊婦さんが経験することです。ただ症状によっては、体内でトラブルが起こっている可能性もあるので放置するのは良くありません。

妊娠中の体調に異変を感じたときは、早めに受診して担当医の指示を仰ぐようにしましょう。

監修者:林泉
経歴:
東京大学医学部保健学科卒業
東京大学大学院医学系研究科修士課程修了
ソウル大学看護学部精神看護学博士課程修了、看護学博士号取得

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →