子育てママのお悩み解決メディア
なぜ妊娠初期に下痢が続くの?早めに受診すべき症状を紹介します

なぜ妊娠初期に下痢が続くの?早めに受診すべき症状を紹介します

妊娠初期には下痢が続くことがあります。お腹の調子が悪く、つらい思いをしている人も多いでしょう。

そこで今回は、妊娠初期に下痢が起こる理由やつらい下痢症状を回避する方法を紹介します。また、早めの受診が必要な症状の特徴にも触れているので、必ずチェックしましょう。

妊娠初期に下痢が続く理由

妊娠初期の下痢は、ホルモンバランスの崩れが原因であると考えられます。妊娠すると、プロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌量が一気に増えるため、自律神経の乱れを引き起こします。その結果、下痢の症状が現れることがあるのです。

そのほかにも、体の冷えが原因になっていることも考えられます。ホルモンバランスの乱れにより、体温調節がうまくできなくなるからです。つわりが始まり、口当たりの良い冷たいものばかりを食べる人もいるかもしれません。万全な冷え対策が必要でしょう。

流産に影響はある?受診すべき4つの症状

妊娠初期には、様々な症状が現れます。症状が下痢だけであれば、胎児に影響が出ることは少ないでしょう。しかし、ほかの症状が伴う場合は早めの受診が必要になります。

1.吐き気や嘔吐がある

下痢の症状と一緒に吐き気や嘔吐が見られる場合は注意しましょう。「妊娠悪阻(おそ)」と呼ばれる重いつわりの可能性があります。場合によっては脱水症状や意識障害を起こすこともあるので、早めの受診が望ましいでしょう。

2.冷や汗が出る

下痢に伴い冷や汗の症状が見られるときは、貧血のサインかもしれません。妊娠初期は貧血になりやすい状態。冷や汗の症状があまりに長く続くようなら、早めに担当医に相談しましょう。

3.腹痛や発熱が続く

下痢症状に加えて腹痛や発熱があるときは、注意が必要です。この場合は、細菌性やウィルス性の感染症が考えられます。家族にうつしてしまう危険もあるので、早めに診察してもらうことが大切です。

4.出血が混じる

便に混じる出血は、胃や腸の異常が疑われます。肛門周りの粘膜や皮膚からの出血であれば、そこまで心配する必要はありません。ただし、自己判断は禁物です。早めに受診することが望ましいでしょう。

妊娠初期に下痢を回避する方法

妊娠初期はつわりで体調が優れないことも多いので、下痢はなるべく避けたいですよね。そこで、妊娠初期に下痢を回避する方法を紹介します。

冷たい食べ物や飲み物は極力控える

ホルモンバランスの乱れが影響して、妊娠初期の体は冷えやすくなっています。また、つわりがひどいとアイスやスッキリした飲み物など冷たいものを好んで食べがちです。

冷たい食べ物や飲み物ばかり口にすることが、下痢の原因になることも。冷たい食べ物や飲み物はできるだけ控えましょう。

消化の悪い食べ物は避ける

妊娠すると、揚げ物のような油っぽいものが食べたくなることがあります。油っぽいものを食べ過ぎると、消化がうまくできず下痢を起こす原因になることも考えられます。

お腹の調子が悪いときは消化の悪い食べ物は避け、うどんやおかゆなどお腹に優しい食べ物を選びましょう。

下痢が何日も続くようなら担当医に相談しよう

妊娠初期は、つわりをはじめとする妊娠初期症状が気になる時期です。「そのうえ下痢まで起こしたくない」と考えるのは当然です。

ただし、ホルモンバランスの乱れで妊娠初期の体は下痢を起こしやすい状態。下痢が続きつらいようであれば、遠慮せず担当医に相談しましょう!

監修者:林泉
経歴:
東京大学医学部保健学科卒業
東京大学大学院医学系研究科修士課程修了
ソウル大学看護学部精神看護学博士課程修了、看護学博士号取得

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →