子育てママのお悩み解決メディア
妊娠初期に頭痛が起こるのはなぜ?対処法や注意点をご紹介します

妊娠初期に頭痛が起こるのはなぜ?対処法や注意点をご紹介します

妊娠初期は、頭痛に悩まされる妊婦さんも少なくありません。また、妊娠中は気軽に薬も飲めないのがつらいところ。ただただ痛みに耐える人もいるでしょう。症状によっては受診が必要な頭痛もあるので、十分に注意しなければいけません。

そこで今回は、妊娠初期に頭痛が起こる原因や対処法を解説します。すぐに受診が必要な頭痛も紹介しますので、不安な人はしっかり確認しましょう。

妊娠初期に頭痛がする理由と対処法

まずは、妊娠初期に起こりやすい頭痛の理由や対処法を見ていきましょう。

ホルモンの影響によるつわりのようなもの

妊娠初期に起こる頭痛は、つわりの一種です。妊娠初期はホルモンバランスの乱れにより、母体の血管が急激に拡張。その結果、頭がズキンズキンと痛む片頭痛を起こす人もいます。

症状がひどい場合は吐き気や嘔吐を伴うことも。そんな片頭痛に悩む人には、症状を和らげるツボ押しがおすすめです。片頭痛には、親指と人差し指の間にあるツボ「合谷」を押してみてください。気持ちが良いと感じる力加減で押してみましょう。

冷えや寒気も感じるなら「風邪」のことも

妊娠中は免疫力が落ちるため、少しのことで風邪を引きやすい状態です。頭痛に加えて微熱や咳などの症状が見られたら、風邪の可能性があります。妊娠中は重症化することもあるので、体に異変を感じたら早めに受診するのが望ましいです。

注意が必要な頭痛はあるの?

「妊娠中の頭痛はつわりの一種」といわれるくらいなので、「少し休めば大丈夫だろう」と考える人も多いかもしれません。しかし実は、病気が隠れていることも。ここからは、注意が必要な頭痛を解説します。

臓器に異常が出る「妊娠高血圧症候群」

頭痛以外に急激な体重増加やむくみが見られたときは、妊娠高血圧症候群の可能性があります。

妊娠高血圧症候群とは、腎臓や胎盤、脳、神経などに異常が出る病気のことです。母体や妊娠継続に影響を及ぼすこともあるので、早めの受診が必要になります。

痙攣発作が起こる「子癇(しかん)」

子癇とは、妊娠20週以降に起こりやすい痙攣発作のことです。突然失神したり、手足が突っ張る動きが数秒続いたりする症状が現れます。

この子癇による痙攣発作が起こる前に頭痛が起こるといわれているのです。発作が起こると救命処置が必要になるため、速やかに担当医に連絡しましょう。

妊娠初期の頭痛に関するよくある質問

ここでは、妊娠初期に起こりやすい頭痛でよくある質問をまとめました。ぜひ参考にしてください。

妊娠初期の頭痛はいつまで続くの?

妊娠初期の症状は、早い人であれば妊娠3週目ごろから起こります。ただし、妊娠が安定期に入ると頭痛は自然とおさまるのが一般的です。

症状がひどい場合は、ツボを押したり体を休めたりして安静に過ごすのがおすすめ。それでも頭痛に耐えられないときは担当医に相談しましょう。

頭痛がひどいとき、市販の薬を飲んでも大丈夫?

妊娠中に頭痛がひどくなると、妊娠前と同じように市販の薬を飲みたいと考える人も多いでしょう。しかし、妊娠中に自己判断で市販の薬を飲むことは、おすすめできません。担当医に相談して、妊娠中でも飲める薬を処方してもらいましょう。

妊娠初期の頭痛がつらいときは早めに受診しよう!

妊娠中に頭痛が起こるのは、つわりの一種といわれるくらいよくあることです。ただ、症状には個人差があるので、生活に支障が出るほど頭痛がひどくなることもあるかもしれません。

母体や妊娠継続に影響が出る場合もあるため、妊娠初期の頭痛がつらい場合は早めに担当医に相談することがおすすめです!

監修者:林泉
経歴:
東京大学医学部保健学科卒業
東京大学大学院医学系研究科修士課程修了
ソウル大学看護学部精神看護学博士課程修了、看護学博士号取得

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →