子育てママのお悩み解決メディア
なぜ妊娠初期に腰痛が起こるの?原因や症状を改善する方法を紹介

なぜ妊娠初期に腰痛が起こるの?原因や症状を改善する方法を紹介

妊娠初期は、体にさまざまな変化が起こります。多くの妊婦さんを悩ます体の変化のひとつに、腰痛が挙げられるでしょう。

そこで今回は、妊娠初期に起こる腰痛を改善する方法を紹介します。簡単に実践できるものばかりなので、腰痛に悩む妊婦さんはぜひ取り入れてみましょう。

妊娠初期に腰痛が起こる原因

お腹が大きくなる前の妊娠初期に腰痛が起こるのは、腰回りの関節や筋肉、靭帯を緩めて出産に向けて体が準備を始めるからです。

また、この時期から「リラキシン」と呼ばれるホルモンが多く分泌されます。リラキシンは腰回りの組織を緩める役割がある一方で、骨盤内に血液をためる作用があります。その結果、うっ血してしまい「腰が重い」と感じることがあるのです。

腰痛はどんな痛み?いつから起こる?

個人差がありますが、早い人であれば妊娠3週頃から妊娠初期症状が現れることがあります。妊娠初期の腰痛は、腰が重いようなだるい痛みを感じることが多いです。

痛みを感じるのは、腰全体だったり片側だけだったりさまざま。腰に痛みを感じたら、まずは安静にして腰に負担がかかる動作は控えるようにしましょう。

ひどい腰痛を改善する方法

妊娠初期に起こる腰痛の症状には、個人差があります。中には、ひどい腰痛に悩まされる妊婦さんも少なくありません。ここからは、つらい腰痛を改善する方法を紹介します。

軽いストレッチをする

腰痛を軽減するには、血行をよくする軽いストレッチがおすすめです。妊婦さんでも取り入れやすいストレッチやヨガなどもあるので、ぜひ自治体やクリニックなどで開催している教室を探してみてください。見つからない場合は、かかりつけの産婦人科医や保健所などで、無理なく体をストレッチする方法について尋ねてみましょう。

骨盤ベルトで症状を和らげる

骨盤ベルトはお腹が大きい妊婦さんが着けるアイテムだと思われがちですが、実は妊娠初期の腰痛の緩和にも役立つことがあります。出産準備で緩む骨盤周りを骨盤ベルトで支えることで、腰痛の軽減が期待できます。

入浴は湯船につかる

腰痛には冷えが大敵のため、体が冷えるとさらに症状が悪化することも考えられます。体を芯から温めるには、湯船につかるのがおすすめ。体が温められれば血行がよくなるので、腰痛を和らげられます。

正しい姿勢を心がける

妊娠中期になると徐々にお腹が大きくなります。大きなお腹を支えるために後ろに反り返った姿勢になり、腰に負担がかかりがちです。妊娠初期はまだお腹は大きくありませんが、初期の段階から正しい姿勢を癖づけることが大切です。

腰痛がつらいときは無理ぜず体を休めよう!

妊娠初期は、まだお腹の大きさは目立ちません。しかし、体は出産準備を始めるので腰回りに重みを感じることも多くなります。

症状には個人差がありますが、腰痛がひどくなることもあるかもしれません。そんなときは、無理をせず体を休めることを優先しましょう!

監修者:林泉
経歴:
東京大学医学部保健学科卒業
東京大学大学院医学系研究科修士課程修了
ソウル大学看護学部精神看護学博士課程修了、看護学博士号取得

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →