子育てママのお悩み解決メディア
妊娠初期のお腹の張りはどんな感じ?張り症状の特徴や時期を解説

妊娠初期のお腹の張りはどんな感じ?張り症状の特徴や時期を解説

妊娠初期は、腰痛や頭痛など体にさまざまな変化が起こります。これらはすべて、出産に向けて体が準備しているため。そんな妊娠初期に起こる症状の1つに、お腹の張りを感じることもあります。

そこで今回は、妊娠初期に見られるお腹の張りの特徴を解説します。

妊娠初期に起こるお腹の張りの特徴

それでは、まず妊娠初期に出るお腹の張りの特徴から紹介します。症状には個人差があるので、該当する項目があるか確認しましょう。

脚の付け根が引っ張られる

妊娠初期は、出産に向けて子宮を支える靭帯が緩みます。その結果、脚の付け根から引っ張られるような痛みを感じる人が多いようです。また脚の付け根だけでなく、お尻の奥や恥骨あたりに痛みを感じることがあります。

下腹部がチクチクと痛い

妊娠初期から中期に差し掛かる頃、徐々にお腹が大きくなり始めます。そのためお腹の皮膚が伸び、下腹部あたりがチクチクと痛むことがあるのです。この「下腹部あたりのチクチクする症状」をお腹が張ると感じる人がいます。

お腹全体に張りを感じる

お腹全体にお腹の張りを感じる妊婦さんも少なくありません。妊婦さんによっては、幼児のようにボーンとお腹が出るくらいお腹がパンパンになることがあります。これは妊娠の影響でホルモンバランスが変化することで起こる症状です。

便秘やガスが原因でお腹が張る場合もある

妊娠中はプロゲステロンと呼ばれる黄体ホルモンの分泌量が増加します。黄体ホルモンは腸の筋肉の動きを抑制する作用があるため、便秘になることが多くなるのです。その結果、便秘やガスでお腹の張りを感じることがあります。

妊娠初期のお腹の張りでよくある質問

ここからは、妊娠初期に起こりやすいお腹の張りでよくある質問をまとめました。疑問や不安を解消してお腹の張りと向き合いましょう。

お腹の張りで仕事は休むべき?

産休に入るギリギリまで働く女性も少なくありません。お腹の張りが気になるものの、我慢して無理やり働く人も多いのではないでしょうか。妊娠中は無理をしないことがとても重要です。体に負担がかかる仕事をするのは避けて、無理のない生活を心がけましょう。

お腹の張りはいつから起こるの?

お腹の張りは、妊娠3週頃から徐々に症状が現れ始めます。お腹の張りを感じるのは妊娠初期に多いといわれており、中期に差し掛かるとお腹の張りは軽減するのが一般的です。

腰痛以外で起こる症状はある?

妊娠初期は、お腹の張り以外にも吐き気やだるさ、熱っぽさ、気分の落ち込みなど生理と同様の症状が現れるのが特徴。ただ症状の有無や程度は個人差があり、中には症状が出ない人もいます。

お腹の張りが辛いときは体を休めよう!

妊娠初期は、出産に向けて体が変化する時期です。妊婦さんによっては、お腹の張りを感じることがあります。ただし、症状の程度には個人差があり、辛いお腹の張りに悩まされる妊婦さんもいるかもしれません。

そんなときは無理をせず、体を休めることを優先させましょう!また、痛みが強い場合は早めにかかりつけの医療機関に相談してください。

監修者:林泉
経歴:
東京大学医学部保健学科卒業
東京大学大学院医学系研究科修士課程修了
ソウル大学看護学部精神看護学博士課程修了、看護学博士号取得

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →