子育てママのお悩み解決メディア
つわりに悩んでいる妊娠中の方必見!アロマでつわり対策をしよう!

つわりに悩んでいる妊娠中の方必見!アロマでつわり対策をしよう!

吐き気や頭痛、下痢や腰痛など様々な症状に悩まされるのがつわりです。ストレスが溜まってしまい、気持ち的にも落ちてしまいます。こうした時に少しでも症状や気持ちが和らぐのがアロマです。今回はつわりにアロマがおすすめな理由、おすすめのアロマや妊娠中に使用してはいけないアロマなどをご紹介していきたいと思います。

どうにかしてつわりを改善したい人にはアロマがおすすめ?

妊娠中は気軽に薬を服用できないため、痛み止めや下痢止め、湿布薬ですら医師や薬剤師に相談することが必要です。場合によっては、アロマが痛み等の改善につながることがあります。痛みやイライラなどを感じているときは、アロマの利用も検討してみましょう。

アロマの様々なメリットとは?

アロマのにおいにより、リラックスだけでなく、自律神経を整える、免疫力の向上といった効果を期待できることもあります。つわりが酷い妊婦さんにおいては、つわりの緩和やリラックス効果、ストレスの軽減に用いられることがあります。

つわりに悩まされている妊婦さんにアロマが最適な理由

妊婦さんは、お腹の赤ちゃんのためにも薬や食事制限は出来ません。吐き気や嘔吐といった症状は、周囲の臭いが原因で発生することも多いです。他にもつわりの際には、自律神経の乱れや食品の臭い以外の周囲の臭いも気になってしまいます。

臭いが原因で発生する不快感は、アロマを使用することによってその根本原因を絶てることがあります。後で紹介しますが妊娠中に好ましくないアロマ以外で、自分自身が不快にならないものを選びましょう。リラックス出来そうなものやリフレッシュ効果、鎮静効果があるものを使用することもできます。

つわりが酷い時におすすめのアロマを紹介

消化器系に働きかけてくれるアロマなら吐き気を緩和でき、イライラが収まらない時はリラックス効果のあるアロマを使用することで気持ちが落ち着きます。しかし、中には妊娠中に使ってはいけないアロマもあるので、つわり緩和のために使う場合は注意しましょう。

つわりに最適なおすすめアロマ

吐き気が酷いつわりには、ペパーミントなどの消化器系に働きかけるアロマがおすすめです。レモンやオレンジなどの柑橘系もリラックス効果の他にリフレッシュ効果があるものも多く、沈んだ気持ちを回復させてくれます。フローラル系のローズウッドは気持ちを落ち着けたり安心する効果もあるので、妊娠での不安も緩和され、つわり症状にも影響します。

妊娠中には使用NGのアロマ

子宮収縮を促す可能性があるものや、生理を促す可能性があるものは使用しないようにしましょう。妊娠中に使用を避けるほうが良いとされているアロマは、ジャスミンやイランイラン、ローズマリーやローズ、スペアミントやカモミールなどが挙げられます。つわり緩和のために購入を考えているのなら、これらのものは避けるのが無難です。

つわりが酷い時にはアロマで快適に過ごそう

薬が使えないときにはアロマを頼ることができます。100%植物から抽出されたもの使用すると、安心感も高まるでしょう。アロマテラピー専門店などで妊娠中に使用できる最適なものを相談しながら購入することもできます。アロマを使用して、少しでも辛いつわりを緩和させましょう。

監修者:林泉
経歴:
東京大学医学部保健学科卒業
東京大学大学院医学系研究科修士課程修了
ソウル大学看護学部精神看護学博士課程修了、看護学博士号取得

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →