子育てママのお悩み解決メディア
出産入院で最低限必要なものは?数の目安や選び方、費用を解説

出産入院で最低限必要なものは?数の目安や選び方、費用を解説

出産に向けて入院準備を進めたい妊婦さんも多いかもしれませんね。ただ、初めて出産する妊婦さんは何を準備すればいいか分からない人も多いはず。そこで今回は、出産入院で最低限必要なものや数の目安、選び方について解説します。

ママの入院手続きで必要なもの

出産入院の手続きで絶対に必要なものは、母子手帳・診察券・健康保険証・印鑑です。印鑑が必要な理由は、入院費用を精算したり書類提出したりするときに必要になることもあるからです。臨月に入る頃になったら、母子手帳・診察券・健康保険証・印鑑をひとつにまとめて持ち歩くのが望ましいでしょう。

出産入院で最低限必要なものリスト

ここでは、出産入院で最低限必要なものをリストにまとめました。出産に向けて入院準備を進めるときの参考にしましょう。

・パジャマ
出産入院で用意すべきパジャマは、前開きタイプのものがおすすめ。枚数は、2〜3枚が目安です。普通のパジャマでも代用できますが、授乳に便利なマタニティ専用のものを選ぶ妊婦さんも多いようです。

・乳帯
出産直後は、自分の意思とは関係なくお乳が漏れてしまうことがあります。そんなときは、胸に巻く乳帯が活躍します。枚数目安は2〜3枚で、乳房を締め付けないソフトタイプがおすすめです。

・T字帯
ふんどしのような形のT字帯。お産用ナプキンを固定し、出産後の出血を衣類に漏れるのを防いでくれます。T字帯は、1〜2枚ほど用意しましょう。

・産褥用ショーツ
産後は、悪露(おろ)と呼ばれる血が混じったおりものが出ます。産褥用ショーツは悪露による汚れ防止にお役立ち。2枚ほど持参しましょう。

・産褥ニッパー
骨盤の安定に役立つ産褥ニッパー。入院中はもちろん就寝時にも活躍してくれます。枚数は1〜2枚が目安。肌触りがソフトなものを選びましょう。

・ウエストニッパー
出産後の緩んだお腹を引き締められるウエストニッパー。産後2週間目から6ヵ月頃まで着用します。1〜2枚あればよいでしょう。

・シェイプガードル
産後2週間目から6ヵ月頃まで着用するシェイプガードル。ハイウエストタイプを選べば、ウエストや下腹、ヒップまでを補正してくれます。2〜3枚が目安です。

・授乳用ブラジャー
産後に着用する授乳用ブラジャー。乳腺の発達により重たくなったバストを持ち上げてくれる万能アイテムです。授乳するときはワンタッチでカップ開閉可能。3〜4枚ほど用意しましょう。

・産後用ショーツ
産後のお腹を包んでくれる産後用ショーツ。ガードルと併用すれば、引き締めや骨盤サポートにも活躍します。目安枚数は、2〜3枚がおすすめ。

・母乳パッド
産後の母乳漏れを防いでくれる母乳パッド。洗えるタイプと使い捨てタイプがあるので、自分の好みに合わせて選びましょう。

出産準備でかかる費用は?

紹介したアイテムをすべて購入すると、低く見積もっても2万円ほどになります。ただ揃えるものや枚数によって費用も異なるので、2万円はひとつの目安として考えましょう。

出産に向けて早めに入院準備を進めよう!

出産入院には、必要なものが意外と多くあります。出産間近でバタバタしないためにも早めに準備しておきましょう。お気に入りのものが見つかれば、出産入院も楽しめるかもしれません!

監修者:林泉
経歴:
東京大学医学部保健学科卒業
東京大学大学院医学系研究科修士課程修了
ソウル大学看護学部精神看護学博士課程修了、看護学博士号取得

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →