子育てママのお悩み解決メディア
妊婦健診の間隔が長くて不安!妊娠中に感じる不安と解消法も紹介

妊婦健診の間隔が長くて不安!妊娠中に感じる不安と解消法も紹介

妊娠がわかってから出産するまでは、定期的に妊婦健診を受けることになります。特に妊娠初期は次の健診までの間隔が長く、「赤ちゃんが無事に育っているのか不安…」という方も多いでしょう。また、妊娠中は何かと心配ごとも多くなるものです。

今回は、妊娠中にどんなことを不安に感じるか、またその解消法について紹介します。

妊婦健診や妊娠についての不安とは?

妊娠判明から出産までは、定期的な妊婦健診を受けることになります。最初のころは健診の間隔が長く、不安に思うママも多いでしょう。妊婦健診や妊娠について、妊娠中はどんな不安があるのでしょうか。

妊婦健診の間隔が長い

妊婦健診は、週数によって定期的に行われます。

  • 初期~23週:4週間に1回
  • 24週~35週:2週間に1回
  • 36週~出産:1週間に1回


特に23週までは4週間に1回と次の健診までの間隔が長く、心配になるママが多いようです。個人差はありますが、胎動を感じるのは妊娠5ヶ月頃から。そのためお腹の中の赤ちゃんは元気なのか、次の健診で赤ちゃんの心拍を確認するまで心配になってしまうことがあるでしょう。

つわりや流産が心配

周りからつわりの話を聞いたり実際に始まったりすると、つわりに対する心配も出てきます。つわりには個人差があり、軽い人もいますがひどい人は寝込んでしまう人も。「このつらいつわりがずっと続くのか」と、不安に思うこともあるでしょう。

また、流産の心配もあります。過去に流産を経験しているママは、不安になることがあります。

無事に出産できるかどうか

出産までは一般的に約10ヶ月かかり、まだ妊娠したばかりだと遠く先のことだと感じます。妊婦健診も妊娠週数が進めば間隔は短くなりますが、1週間に1回になるのは出産間近のこと。 妊婦健診で「順調ですよ」と言われても、出産まで無事にたどり着けるのか、漠然とした不安や心配が続くのです。

妊娠中の不安の解消法は?

妊娠中は、ちょっとしたことでも不安や心配の種になるものです。では、そんな不安や心配を解消するにはどうすれば良いのでしょうか。

ネットや本などから情報取集する

ネットや本などから、先輩ママの体験談や妊娠・出産に関する情報を得てみるのもよいかもしれません。特に先輩ママからの情報は役に立つうえ、共感する部分も多く、心強く感じるでしょう。

ただし、中には不安をあおるようなネガティブな情報もあります。不安になるような情報はなるべく避けることをおすすめします。

夫や家族、友人に話を聞いてもらう

不安や心配な気持ちを心の中にためず、言葉にして吐き出しましょう。夫や友人、家族などの話しやすい人に気持ちを聞いてもらうだけでもスッキリするものです。経験者である先輩ママなら共感してくれますし、自分の経験をもとにアドバイスをもらえるかもしれません。

また夫に話すことで、妊娠がどれだけ大変なことかわかってもらえます。妊娠中のつらさを理解してもらうことで、夫婦の絆も深くなっていくでしょう。

赤ちゃんとのハッピーな生活を想像する

不安や心配なことばかりを考えるより、赤ちゃんが産まれた後のハッピーな生活を想像することをおすすめします。「どんな名前を付けようか?」「男の子なら?」「女の子なら?」「どんな洋服を着せよう?」「どこへ遊びに行こうか?」など、楽しいことを考えてみるのです。

あれこれ想像しているうちに、出産が待ち遠しくなり、不安や心配も少しずつ小さくなっていくでしょう。

不安な気持ちは我慢せず上手に気分転換しよう

妊婦健診までの間隔が長く、赤ちゃんのことが心配で不安に思うことも多いでしょう。でもまずは、赤ちゃんを信じることが大事。そして不安や心配な気持ちをそのままにせず、周りに話すなどして上手に気分転換しましょう。

監修者:林泉
経歴:
東京大学医学部保健学科卒業
東京大学大学院医学系研究科修士課程修了
ソウル大学看護学部精神看護学博士課程修了、看護学博士号取得

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →