子育てママのお悩み解決メディア
妊婦健診の頻度の覚え方は?出産までのスケジュールと検査項目を解説

妊婦健診の頻度の覚え方は?出産までのスケジュールと検査項目を解説

妊婦健診は通常の通院と比べ間隔が長く空くため、「次の妊婦健診はいつだったろうか?」とつい忘れてしまうこともあるかもしれません。今回は、出産までのスケジュールをしっかり把握するコツや毎回の検査項目などを紹介します。

妊娠から出産までの健診スケジュールと費用

妊娠をしたら、出産するまで定期的に妊婦健診を受けることになります。どのようなスケジュールで、費用はどのくらいかかるのでしょうか。

初回はいつ?

生理が遅れ、検査薬で陽性反応が出たら妊娠している可能性があります。しかし、ごく初期の場合すぐに病院へ行っても、まだ胎囊(赤ちゃんを包んでいる袋)は見えません。見えるのは妊娠5~6週ごろなので、生理の予定日より1週間ほど待って受診しましょう。

妊婦健診の平均回数

厚‌生‌労‌働‌省‌で‌は「標‌準‌的‌な‌妊‌婦‌健診の‌例」‌と‌し‌て、妊婦健診の‌回‌数‌の目安を‌14‌回‌と設定しています。‌ ‌

  • 初‌期‌~‌23‌週‌:‌4‌週‌間‌に‌1‌回‌(‌1‌~‌4‌回‌目)‌ ‌
  • 24‌週‌~‌35‌週‌:‌2‌週‌間‌に1‌回‌(‌5‌~‌10‌回‌目)‌ ‌
  • 36‌週‌~‌出‌産‌:‌1‌週‌間‌に‌1‌回‌(‌11‌~‌14‌回‌目)‌ ‌


しかし、妊娠の経過は個人差があるものです。とくに双子などの多胎妊娠の場合には、これ以上の回数になる場合も。次いつ健診を受けるかは、病院や主治医の指示に従いましょう。

妊婦健診の費用

妊婦健診の費用は基本的に保険が適用されず、全額自己負担です。1回の健診料は約5,000円で、検査項目によってはその都度加算されることも。特別な検査を実施する場合では、出産までに10万円以上かかることもあるでしょう。

しかし、自治体が発行する補助券を使えば、一部費用を負担してもらえます。補助券は、母子手帳と一緒に発行されます。補助券を上手に使い、妊婦健診費用を抑えましょう。

妊婦健診での検査項目とは?

妊婦健診では、さまざまな検査をします。基本的な検査から妊娠週数にあわせて受ける検査まで、詳しく見ていきましょう。

基本的な検査項目

初期から中期、後期と基本的な検査項目は以下の通りです。

  • 体重測定
  • 尿検査
  • 血圧測定
  • 腹囲、子宮底長の測定
  • 超音波検査


そのほかに、「浮腫(むくみ)の検査」を実施しているところもあります。

妊娠週数によって行う検査項目

基本的な検査項目のほかに、週数ごとに行う検査もあります。

※医療機関や母子の状態によって、検査項目やスケジュールが異なることもあります。

  • 初‌期‌~‌23‌週‌:血液検査(血液型・血糖・血算・感染症・風疹の抗体の有無など)
  • 妊娠30週まで:血液検査(HTLV-1抗体検査)、感染症検査(性器クラミジア)
  • 24‌週‌~‌35‌週‌:‌血液検査(血糖・血算)、感染症検査(B群溶血性レンサ球菌)
  • 36‌週‌~‌出‌産‌:血液検査(血算)、NST(ノンストレステスト)

次の妊婦健診を忘れないための覚え方

妊婦健診の間隔は長く、カレンダーや手帳、スマホにスケジュールを書いたり入れたりしていても、つい忘れてしまうという方もいるかもしれません。そこで、簡単に覚えられる方法を紹介します。

「にいさん(妊娠23週まで)よいひと(4週間に1回)産後は(35週まで)とくに(2週間に1回)寒(36週から)い(1週間に1回)のよ」 語呂合わせのように覚えておけば、忘れずに済みそうですね。

妊婦健診の頻度をきちんと把握しよう

妊婦健診は、ママと赤ちゃんのための大切な健診です。スケジュールをしっかりと把握し、忘れずに受診するようにしましょう。

監修者:林泉
経歴:
東京大学医学部保健学科卒業
東京大学大学院医学系研究科修士課程修了
ソウル大学看護学部精神看護学博士課程修了、看護学博士号取得

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →