子育てママのお悩み解決メディア
妊婦に多い下痢が起こる原因って?お腹の胎児への影響はない?

妊婦に多い下痢が起こる原因って?お腹の胎児への影響はない?

日々成長する胎児の影響でママの体にもさまざまな変化が起こります。症状は妊婦さんによって異なりますが、下痢で悩む人も少なくありません。

ただ、なぜ妊娠をきっかけに下痢が起こるのか分からない人も多いですよね。そこで今回は、妊婦さんが下痢を引き起こす原因を解説します。

妊婦の下痢で考えられる原因

下痢で悩む妊婦さんは多くいますが、妊娠時期によって原因も異なります。ここでは、妊娠初期・妊娠中期・妊娠後期に分けてみていきましょう。

妊娠初期

妊娠初期に下痢になる主な原因は、ホルモンバランスの影響です。女性は妊娠すると女性ホルモンの分泌量が増えるため、自律神経が乱れます。その影響で下痢を起こすのです。

また、妊娠初期はつわりがひどくなるため、食べやすいアイスやゼリーなどを好む人も少なくありません。その結果、お腹を冷やして下痢になってしまいます。

妊娠中期

妊娠中期に下痢が起こる原因は、妊娠初期と同じくホルモンバランスの乱れが大きく影響しています。また、妊娠中期はつわりが落ち着き、食欲が増す頃です。

食べること自体は決して悪くありませんが、妊娠中期以降は子宮が大きくなり始めるので、胃腸を圧迫して機能が低下することがあります。そのため、食べ物を多く取り過ぎると胃腸で消化しきれなくなり、下痢を引き起こす原因になってしまいます。

妊娠後期

妊娠後期になると出産に向けて本格的に体が準備を始め、女性ホルモンの分泌を増加させます。女性ホルモンの分泌量が増えると腸の働きが良くなることがあり、これが下痢の原因になるのです。

通常は自然に治っていきますが、下痢が起こると体内の水分が失われます。脱水を防ぐためにもこまめに水分をとることが大切です。

妊娠中の下痢で胎児への影響はある?

下痢が続くと、流産といった影響が胎児に出ないか心配に感じる人もいるはず。妊娠中に起こる下痢は、場合によっては切迫早産につながるケースもあります。

体に異変を感じたときは、早めに担当医に相談するのがおすすめです。

下痢以外に起こる症状と対処法

妊娠中は下痢以外にもさまざまな症状が体にあらわれます。ここからは、下痢以外に起こる症状と対処法をみていきましょう。

下痢に加え腹痛も伴う

下痢以外に腹痛が起こる場合は、食中毒やウイルス性腸炎の可能性があります。妊娠中は免疫力や体力も落ちるため、細菌に感染しやすい状態です。通常の下痢と異なると感じたときは早めに受診することをおすすめします。

下痢に加え嘔吐の症状が出る

下痢と合わせて嘔吐の症状が出るときは、ウイルス性腸炎や食中毒が考えられます。今まで普通に食事を取れていたのに、急に下痢や嘔吐の症状が出た場合は要注意。症状に改善しない場合は、早めに担当医に診てもらいましょう。

下痢と便秘の両方が起こる

妊娠中に下痢と便秘を繰り返す妊婦さんも少なくありません。この場合、体がホルモンバランスやストレスの影響を大きく受けていることが考えられます。なかなか症状が改善しない場合は、担当医に一度相談してみましょう。

不安を感じたときは早めに担当医に相談しよう!

妊娠中に下痢を起こす妊婦さんは多くいます。多くの場合、ホルモンバランスの影響や腸の働きが鈍くなっていることが原因です。

ただ、下痢に加えて腹痛や嘔吐を伴う場合は、ウイルス性腸炎や食中毒など大きな病気が隠れていることもあります。体に異変を感じたときは我慢せずに受診しましょう。

監修者:林泉
経歴:
東京大学医学部保健学科卒業
東京大学大学院医学系研究科修士課程修了
ソウル大学看護学部精神看護学博士課程修了、看護学博士号取得

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →