子育てママのお悩み解決メディア
なぜ妊婦で腰痛が起こるの?考えられる原因や対処法を紹介

なぜ妊婦で腰痛が起こるの?考えられる原因や対処法を紹介

妊娠するとお腹の中で胎児が成長します。胎児は毎日少しずつ成長しますが、その一方で、妊婦さんの体にもさまざまな変化が起こるのです。

妊婦さんによっては腰痛が起こる場合もあり、ひどい症状に悩まされる人も少なくありません。そこで今回は、妊娠中に起こる腰痛で考えられる原因や対処法について解説します。

妊婦で腰痛が起こる原因

そもそも妊娠中になぜ腰痛が起こるのでしょうか。その原因をみていきましょう。

女性ホルモンの作用

妊娠中は、リラキシンと呼ばれる女性ホルモンが分泌されます。胎盤から分泌されるリラキシンは、出産の時に赤ちゃんがスムーズに出てこれるように骨盤を柔らかくする働きがあるのです。

骨盤周りが柔らかくなるので、重いお腹を支える力が弱くなり、腰痛を引き起こすことがあります。

上半身を反る姿勢

妊娠後期になるとお腹が一気に大きくなり、体の重心が前に移ります。妊婦さんは体のバランスを保つために、上半身をそらした姿勢になりがちです。その結果、背中と腰の負担が大きくなりひどい腰痛を引き起こしてしまいます。

出産への不安やストレス

初めて出産する妊婦さんは、出産への不安やストレスを抱えがちです。心理的なストレスは自律神経の乱れにつながります。自律神経が乱れると胃腸と胃の裏側にある背中の神経に悪い影響を与え、腰回りに痛みを引き起こしてしまうのです。

妊婦の腰痛への対処法

妊娠中に腰痛がひどくなると、日常生活に支障が出るケースも少なくありません。そこで、腰痛が悪化する前にできる対処法を紹介します。

正しい姿勢を意識する

妊娠後期になると、無意識に反り腰の状態になっていることも少なくありません。これではつらい腰痛は引き起こす原因になるため、正しい姿勢を意識して保つようにしましょう。

ストレッチを行う

腰痛がひどいとき、腰回りの筋肉が凝り固まっていることも少なくありません。体に負担が少ないストレッチを取り入れて腰回りの筋肉をほぐしましょう。

妊婦さんにおすすめなのは、開脚ストレッチです。脚を開くと股関節が柔らかくなるので、腰痛の改善にも効果があります。

骨盤ベルトを使う

妊娠中の腰痛がひどい場合は、骨盤ベルトの着用を検討しましょう。骨盤ベルトは腰痛防止に効果があるだけでなく、ひどい腰痛に悩まされる場合でも活躍してくれる万能アイテムです。

腰の負担を軽減したり骨盤の歪みを調整したりなど、妊娠中から産後にかけて役立つでしょう。

寝方を工夫する

腰の負担を軽減する寝方があることを知っていますか?実は寝るときの姿勢が悪いと、腰に負担がかかることも少なくありません。

妊婦さんに適した寝方は「シムス」の姿勢です。仰向けになって左足を90度に曲げる寝方で、腰への負担を軽減することができます。

歩けないほどの激痛は早めに受診しよう!

妊娠中に起こる体の変化のひとつに腰痛があります。腰痛がひどい場合は、正しい姿勢を維持したりストレッチをしたりして症状を改善しましょう。

ただ、中には歩けないほど腰の激痛に悩まされる妊婦さんもいます。他の病気が隠れている場合もあるため無理せずに早めに受診しましょう。

監修者:林泉
経歴:
東京大学医学部保健学科卒業
東京大学大学院医学系研究科修士課程修了
ソウル大学看護学部精神看護学博士課程修了、看護学博士号取得

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →