子育てママのお悩み解決メディア
妊婦がお寿司を食べるのは絶対ダメ?その理由と対処法をご紹介

妊婦がお寿司を食べるのは絶対ダメ?その理由と対処法をご紹介

妊娠するとお腹の赤ちゃんへの影響が心配になり、自分が口にするものすべてに気を遣う妊婦さんも多いのではないでしょうか。 あれは食べてもいい、これは食べない方がいい……など、情報が多いため妊婦さんも戸惑ってしまいますよね。

この記事では、妊娠中でも食べたくなる「お寿司」について、食べない方がいい理由と、食べてもいいお寿司をご紹介します。

妊婦はお寿司を食べられない?

妊娠中、すべてのお寿司を食べられないというわけではありません。控えたほうがいいネタ、食べても心配のないネタがありますので参考にしてください。

生魚は食中毒を引き起こす恐れがある

お寿司といえば生魚ですが、生魚は食中毒を引き起こす恐れがあるため妊娠中は控えた方がいいでしょう。服用できる薬も限られており、妊娠中に食中毒にかかってしまうと早産や流産につながる可能性もあります。

また、妊娠中は免疫力が低下しているため、妊娠前よりも食中毒にかかりやすい状態です。

ビタミンAを多く含む魚も要注意

アナゴやウナギに含まれるビタミンAは、赤ちゃんにとって大切な栄養ですが、過剰摂取をすることで先天性異常などのリスクが高まるといわれています。食べ過ぎには十分注意しましょう。

魚の水銀値にも注意しよう

魚は栄養価も高く、妊娠中に積極的に取り入れたい食材です。

しかし、食物連鎖の過程で体内に水銀を蓄積しているため、妊娠中は魚の種類と量に注意する必要があります。水銀は生でも加熱しても摂取してしまうので、魚を使ったメニューを考える際には注意しましょう。

妊娠中にも食べられるお寿司はある?

妊娠中でも食べられるお寿司はもちろんあります。ここでは、妊娠中に食べられるお寿司をご紹介します。

加熱したネタ

しっかりと火が通っているネタは、食中毒の心配も少ないです。茹でたエビやタコなどは食べても問題ないでしょう。

炙りネタは中心まで火が通っていない可能性があるため、避けたほうがいいネタといえます。

お寿司はカロリー、塩分が高め

お寿司は高カロリーに加え、塩分が高いです。妊娠中にはおすすめの食べ物とはいいにくいため、食べ過ぎには注意しましょう。

お寿司を食べた次の日は上手にコントロールを

カロリーや塩分の高いものを食べた次の日には、ヘルシーメニューを心がけてしっかりと調整しましょう。食べ過ぎや塩分の摂りすぎは、体重の増加や出産のリスクが高まります。

我慢をしすぎず適度のリフレッシュも必要

妊娠中はお腹の赤ちゃんのことや、体重増加のことでストレスが溜まってしまいがちです。何事も我慢のしすぎはよくありません。可能な範囲内で適度にリフレッシュをしながら、楽しいマタニティライフを送りましょう。

監修者:林泉
経歴:
東京大学医学部保健学科卒業
東京大学大学院医学系研究科修士課程修了
ソウル大学看護学部精神看護学博士課程修了、看護学博士号取得

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →