子育てママのお悩み解決メディア
妊婦の花粉症は重症化しやすい?つらい花粉症を乗り越える方法

妊婦の花粉症は重症化しやすい?つらい花粉症を乗り越える方法

つらい花粉の季節、なかでも妊婦は、妊娠前よりも花粉症が重症化しやすいといわれています。 この記事では、妊婦がどうして重症化しやすいのか、妊娠中のつらい花粉症を乗り越える方法を紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

妊婦は花粉症が重症化する?

妊娠すると、今まで飲んでいた薬やサプリなどを控えなければならないこともあります。 花粉症の市販薬も同じで、独断で服用するのは控えたほうが良いでしょう。 ですが、症状が重症化しやすい傾向にあります。

妊娠中の薬の服用は医師に相談を

お腹のなかで小さな赤ちゃんを育てている妊婦さんは、服用した薬によって、お腹の赤ちゃんへの影響が心配されます。 特に、妊娠初期の2~4か月頃は、赤ちゃんの器官を形成するとても重要な時期です。

影響を与えやすい時期のため、薬の服用などには特に慎重になる必要があります。 妊娠中の薬の服用は、必ず医師に相談するようにしましょう。

妊娠中の花粉症どう乗り切る?

妊娠中だからといって、薬が飲めないと花粉症がつらすぎるという方も多いのではないでしょうか。 ここでは妊婦でもできる花粉症対策をご紹介します。

安定期に漢方治療をしている方も

漢方薬は自然由来の成分でできた生薬を原料としているので安全なように思えますが、子宮収縮や大量発汗につながる成分もあるため、すべての漢方薬が妊娠中に飲めるというわけではありません。市販の医薬品と同様、医師に確認したうえで服用するようにしましょう。

耳鼻科でのレーザー治療

レーザーで、鼻粘膜の表面を照射するだけの簡単治療です。 薬を飲まなくても症状を和らげることができるので、妊娠中のつらい花粉症を乗り越えられます。 出血や痛みもほとんどありません。

外出、帰宅時に注意したいこと

花粉症の症状を極力抑えるために、普段から気を付けておきたいことがあります。 常に心掛けておくことで、症状緩和に繋がりますので試してみてください。

花粉を家に持ち込まない

花粉は服や髪にも付着し、気づかないうちに家の中に持ち込んでしまっていることがあります。 そうすると、家のなかでもつらい花粉症の症状が続いてしまうのです。

花粉症シーズンは、花粉の付きにくい素材の服やカバンにする、髪の毛を結んで帽子をかぶるなどの対策をとることで、症状緩和につながります。

花粉の多い時間帯に外出しない

花粉の多い時間帯は1日に2回あり、11時頃から14時頃まで、17時頃から19時頃までとされています。 できるだけ、花粉の多い時間帯の外出を避けるようにしましょう。

できる限りの対処法で症状を緩和しよう

花粉症の症状がつらくても、妊娠中は体調管理が大変なうえ、薬を飲むことにも慎重になってしまいます。その結果、ストレスも溜まってしまうでしょう。

しかし、独断で市販の薬を服用するのはNGです。症状がつらいときや、困ったときには必ず医師に相談をして対処するようにしてください。 今回ご紹介した対策を参考に、つらい花粉の季節を乗り越えましょう。

監修者:林泉
経歴:
東京大学医学部保健学科卒業
東京大学大学院医学系研究科修士課程修了
ソウル大学看護学部精神看護学博士課程修了、看護学博士号取得

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →