子育てママのお悩み解決メディア
妊婦の頭痛で考えられる要因とは?疑うべき病気などもあわせて紹介!

妊婦の頭痛で考えられる要因とは?疑うべき病気などもあわせて紹介!

妊娠中は体調の変化が起こりやすく、悩みを抱えている方もいるでしょう。その中でも頭痛は、多くの妊婦にとって悩みの種となっているのです。

当記事では、妊娠中に生じる頭痛の主な要因や頭痛によって疑うべき病気などについて解説します。

妊婦における頭痛の主な2つの要因

妊娠中の頭痛は、珍しいことではありません。しかし、頭痛といっても一括りにはできず、種類や原因はさまざまです。妊娠中は特に、その対処方法に注意を払う必要があります。ここでは、妊婦における頭痛の2つの要因をみていきましょう。

1.妊娠初期に多くみられる「片頭痛」

妊娠初期に多くみられるのが、片頭痛(へんずつう)です。妊娠中はホルモンバランスの乱れにより片頭痛が起きやすくなります。生活リズムの改善や光を浴びすぎないといった対策で、妊娠中の片頭痛を軽減できるでしょう。

2.妊娠中期〜後期に多くみられる「緊張型頭痛」

緊張方頭痛は、妊娠中期〜後期に多くみられる症状です。緊張型頭痛は、運動不足や眼精疲労などを原因とするケースが多いでしょう。

また妊娠初期の不安定な時期では運動量が減少し、筋肉が緊張することで引き起こる場合もあります。軽いストレッチや体を温めることが対策の1つです。

妊婦の頭痛で疑うべき3つの病気

前述のとおり、妊娠中の頭痛は多くに妊婦が経験することです。しかし、頭痛の中には重大な病気につながるものもあります。ここでは妊婦の頭痛で疑うべき3つの病気についてみていきましょう。

1.高血圧が原因の「妊娠高血圧症候群」

妊婦高血圧症候群によって、頭痛が引き起こされる場合があります。妊娠高血圧症候群とは、妊娠中に高血圧になることで、臓器に異常をきたす病気です。

高血圧の他にむくみや体重増加などの症状が出るケースあり、放置すると妊婦や赤ちゃんの命にも関わります。体に異変を感じたら、必ず医師に相談しましょう。

2.水分不足が原因の「脱水症」

妊娠中はつわりによる嘔吐などで、脱水症になる場合があります。脱水症状が重症化すると頭痛を伴うケースがあり、意識障害も引き起こす可能性があるのです。妊娠中はこまめな水分補給を意識し、脱水症への対策をとることをおすすめします。

3.鉄、その他の栄養欠乏が原因の「貧血」

妊娠中は胎児の血液などをつくるために通常以上に鉄分などの栄養素が必要になります。そのため、鉄やその他の栄養が欠乏し、貧血状態になることがあります。貧血になると、頭痛の他に、倦怠感や立ちくらみなどが起こることもあるでしょう。これらの症状が出たら貧血を疑い、すぐにかかりつけの医師に相談してください。

頭痛が改善されない場合は医師に相談しよう

頭痛が起こるのは、妊娠中に限ったことではありません。ただし、妊娠中は特に些細な体調の変化にも注意が必要です。頭痛の症状に悩んでいる場合は、まず医師に相談してください。医師からのアドバイスを参考とした対策を講じることで、安心して妊婦生活を送れるでしょう。

監修者:林泉
経歴:
東京大学医学部保健学科卒業
東京大学大学院医学系研究科修士課程修了
ソウル大学看護学部精神看護学博士課程修了、看護学博士号取得

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →